2012年12月03日

マヤ暦の終わりと「2013年―2037年」の黙示録

「フリーメーソンの汝よ、岩戸を開け!」の中で、
バシャールがいう「パラレル・アースの分化」について、
「それはパラレル・アースの統合だ」ということを書いた。

つまり、自分が認識している世界は自分が映し出している投影で、
人類は一人ひとりが異なる世界に住んでいるということである。

その人類の数だけ存在する世界が重なっているために、
同じ世界に住んでいるように錯覚しているだけで、
自分以外の存在はすべて自分の投影だということである。

その人類の数だけ存在する別々の世界だが、これから波長の合う世界が統合し、
自分の波長以外の世界は認識できなくなるということなのだ。
それが、「生きながら死後の世界に入っていく」プロセスでもある。

私はバシャールの話を解説しているつもりだが、
私の説明はバシャールと正反対なので、私の話を信じない人も多いだろう。
「妄想だ」とか「無理やり理屈をこねているだけだ」と思うかも知れない。

img_947123_21384915_1.jpg

だが、私が感じている世界とバシャールの説明は一致し、
その表現が正反対なだけである。
私は敢えて正反対から説明し、読者を「理解」に導いているつもりだが、
バシャールも私と同じ説明をしている記事を見つけた。

必要な情報が自然に入ってきて、複数の話が繋がるのも、
自問自答による一種の外応だといえるだろう。
そして、私が感じている世界観を理解することが「意識進化」の為に、
最も重要で、内観の前提条件であることを繰り返し説いてきた。

バシャールは次のように述べている。

覚えておいてください。
あなたの現実の中にいるあなた以外の人は、
「あなたの宇宙バージョン」のその人なのです。
物質次元では、ほかの人を直接体験することはできません。
魂次元でなら、集合的意識を通して、他の人を直接経験することができます。
なぜなら、魂次元に行くと「すべてはひとつ」だからです。
でも物質レベルでは、みなさんはさまざまに細分化された
「パラレル・リアリティ」を生きています。


私の説明と一致していることを理解してもらえたと思うが、
「魂次元に行くと、すべてはひとつ」というのも
私の「6次元」の解説と一致していることが理解できると思う。

バシャールは次のようにも言っている。

物理的な現実の全ては比喩であり、象徴、シンボルとして現れています。
そして、みなさんの個人的な現実の中でそのシンボルが
いったい何を意味するかは、みなさん自身が決めることができます。
そして、それによって、みなさん個人が受ける影響が決まるのです。


つまり、この世が投影の世界であることを理解した上で、
内観(自問自答)することが大切だということである。

20091005_2909179.gif

パラレルワールドは無数の種類の未来という意味で使われるのが一般的だが、
ここでは「一人ひとりが異なる世界に住んでいる」という意味である。

それが今年の冬至から統合が始まる……。
つまり、普通の人の世界観からすると、今は人類は同じ世界に住んでいるが、
それが同じ周波数の世界ごとに分かれていくということである。

念のために言っておくが、それがバシャールのいう
「パラレル・アースへの分化」で、それを大別すると、
「ポジティブな世界」と「ネガティブな世界」に分かれていくという。

『日月神示』には「神と獣に分かれる」と予言されているが、
「神へと進化していく霊止(ヒト)」と
「動物的・悪魔的な本性を顕す人間」に分かれるということだ。

言わずもがな、前者が「ポジティブな世界」の住人で、
後者が「ネガティブな世界」の住人である。
もちろん、突然、世界が分裂するわけではなく、
バシャールの話では、2025年頃までは共存するようである。

オコツトの言葉で言えば、
2013年から「変換人」と「人間」に分かれていくことになる。
変換人とは、次元変換をしていくために現出してくる人間のことで、
バシャールがいう「ポジティブな世界」に移行する人間である。

従って、このブログの読者は、今月の冬至で人間を卒業し、
次元変換をもたらす「変換人」として生まれ変わるのである。
そのためには、冬至までの生き方(身魂磨き)が重要となり、
神との対話法(自問自答法)を連載記事にしたのも流れだった。

マヤ.JPG

今月の冬至でマヤ暦が終わり、今までの時間軸が消滅する。
だからと言って、我々の時間概念が激変することはないと思うが、
バシャールによると、今月の冬至から5次元に移行していくのだという。

尚、4次元を飛ばして3次元から5次元に移行するわけではなく、
いま我々が生きている世界は空間+時間で、
すでに「4次元」に生きているという定義となっている。

オコツトがいう「次元変換」とは、新たな太陽系(第8太陽系次元)
の創造で、2013年から最終構成が始まるという。
最終構成に入ると、今までの太陽系は働きを終え、
新しい太陽系が作り出されていき、大きな変動が起こるという。

この新たな太陽系の創造は、人間の意識進化に対応しており、
変換人が宇宙の創造神であることを示している。
新たな太陽系は「霊体一致」の5次元世界(ミロクの世)で、
その世界に完全に移行すると「肉体の削除」が起こるという。

いわゆる「アセンション」と呼ばれる現象で、
オコツトは「生きながら死後の世界に入る」とか「入神」
という言葉で表現しているが、その時期を2037年だとしている。

2012年 位置の中和
2013年 位置の変換開始
2025年 位置の転換開始
2037年 入神


2037年については、バシャールの話も含めた他の複数の予言とも符合し、
前ブログでも紹介した。
つまり、2013年〜2037年が太陽系の最終構成の期間なのだ。

2037年の黙示録
http://kemono666.seesaa.net/article/299394776.html
【2037年】キリストの再臨
http://kemono666.seesaa.net/article/299441541.html

132961967839313120017_20111207_emp.jpg

「ポジティブな世界」の変換人は第8太陽系次元にアセンションするが、
バシャールによると「ネガティブな世界」の人類は滅亡してしまうという。
アリオンによると、滅亡した人類は転生する余地がなく、
魂が無に還元される可能性が高いという。

内海康満氏も同じことを言っているが、その情報元は
内海氏の友人の霊能者・田岡満氏の説のようである。
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-taoka.html

汝の肉体には魂が宿っていない!
http://kemono666.seesaa.net/article/261525884.html

内海氏は、その話を直感で正しいと
判断したものと思われるが、私にはよく分からない。
ただ、田岡満氏のサイトを発見したキッカケは、
私が「魂の本質は肉体に宿っていない」ということを
裏づける話を検索していた時のことだった。

そして、バシャールも同じことを言っていることを知ったのだが、
そのことを悟っている田岡満氏は高度な霊能者だと思う。
隈本氏も同様の認識を持っているようだが、
隈本氏の場合は少し勘違いをしている。

話を戻すが、オコツトの話に基づけば、
滅亡した人類は再び人間次元に現れる(転生)することになるが、
魂が無に還元され、完全に消滅することが有り得るのだろうか。
だが、実は、オコツトも同じようなことを示していた。

地球人に物質という概念やエゴを与えている力を「スマル」といい、
人間次元を作り出すためには必要な力だったのだが、
この偏映を修正しなければ最終構成に支障が出るという。

その支障というのが・・・・最終構成の力が
「地球人の意識を虚無に変換させてしまう」という。

「偏映の修正」とは、つまり、私が繰り返し巻き返し主張し続けている
「内外反転」の世界認識を持つということに他ならない。
これは真我(魂の意識)に覚醒しないと認識できないことだが、
その世界観を理解し、その視点で世界を観る習慣をつけることが重要で、
それを「正見」という。

内観や自問自答、他者との会話(特に私への質問)も、
この「正見」に基づいていなければならず、意識進化の基本だと言える。
ハッキリとは覚えていないが、内海氏も同様のことを書いていた。

759.jpg

オコツトによると、宇宙精神には自らの全体構造を投射する仕組みが存在し、
地球人が物質として見ている存在は、宇宙精神の影のようなものだという。

物理学者ボームも、素粒子は高次元の射影だと仮説していたそうだが、
現在の地球人の空間認識は歪曲しているため、
正しい宇宙的理解ができないと説明している。

重要なことは、この影の本質が何なのかを理解することが、
意識に進化を与える唯一の方法だとされている。
そのために、私は内観による真我の覚醒を提唱しているのだが、
オコツトによると思考によって悟りに至るという。

「思考によって認識を変え、認識を変えることによって感覚を変える。
そして、感覚の変化は人間の感情さえも凌駕し、
人間の意識全体を全く別のものへと変容させていくのです。
これが意識進化というものです」


空間認識は右脳が司っているので、思考と言っても、
右脳と左脳を統合させた「ネオデジタル思考」だと言えるだろう。

img_559692_8223600_6.jpg

また、オコツトは次のように述べている。

「人間の内面とは、あなたがたが外在と呼んでいる世界、
人間の外面とは同じくあなたがたが内在と呼んでいる世界のことを指します」

「本当の外宇宙というのは、
あなたがたの心の中の方向にあるとでも言っておきましょうか」


これは結局、内観によって得られる「内外反転」の認識だが、
オコツトは次のようにも述べている。

「真理への到達とは、認識の完全化として立ち上がります」
認識の完全化とは、すべての二元対立を
統合する力を持った認識プログラムのようなものです」


「仏性とは確かに人間が認識の完全化を起こすことを意味しますが、
それは決して正体不明なものなどではありません。
この力を生み出すことが新しい太陽系の創造と深く関係しているのです」


仏性(真我)の覚醒によって二元が統合されるとのことだが、
実際に、善悪・自他・生死・神人・霊肉・内外など、
あらゆる二元を統合した認識が生まれ、その中心の視点を獲得する。
それが新しい太陽系の創造に繋がっているということなのだ。

尚、「内外反転」の認識の次は「内外一致」の認識が生まれる。

汝が生まれてきた目的を暴露する!
http://kemono666.seesaa.net/article/298355244.html
宇宙観の変革とパラレル・アース
http://messiah666.seesaa.net/article/231222447.html

puramai.png

ついでに関連記事として、11月4日に作って、
まだ載せていなかった記事を発表しておこう。

真我の覚醒=二元の統合=認識の完全化=第8太陽次元の創造

この等式を見れば、今まで獣が書いてきたことが
1つに繋がることが理解できるはずだ。
と言っても、解説は必要だろうから書いておく。
少しクドい文章になるが我慢して頂きたい。

オコツトの話によると、2013年から「第8太陽次元」が顕現化してくるという。
即ち、人類が真我に目覚め始めるということである。
一方、現在の「第7太陽次元」は2013年から徐々に消滅していくことになる。

厳密に言えば、今年の冬至までが「第7太陽次元」の時代で、
冬至から「第8太陽次元」の時期に移行するのである。
だからと言って、冬至を境に「第7太陽次元」が終わって
「第8太陽次元」になるというわけではない。

あくまでも、冬至を境に「第7太陽次元」が消滅に向かい、
「第8太陽次元」が顕現化してくるということなのだ。
現在の地球は3次元に時間が加わった「4次元」であり、
いま我々が生きている人間界は4次元の世界だという。

ということは、第7太陽次元を「4次元」、
第8太陽次元を「5次元」と言い換えても良いだろう。
あるいは、第7太陽次元を「ネガティブな世界」、
第8太陽次元を「ポジティブな世界」に置き換えることもできる。

つまり、「第8太陽次元」が顕現化して「第7太陽次元」が消滅する
ということは、5次元(ポジティブな世界)にシフトしていく過程で、
3次元・4次元(ネガティブな世界)は壊滅していくということなのだ。

従って、「ネガティブな世界」を選択し、
現在の4次元(物質界)に残った人々は進化の対象外ということになる。

0101.jpg

この等式をもう一度見て頂きたい。

真我の覚醒=二元の統合=認識の完全化=第8太陽次元の創造

バシャールは「ポジティブな世界」と「ネガティブな世界」
という表現をしているが、これは適切な呼び方ではないと思う。
「ネガティブ」については文字通りの解釈で良いが、
ネガティブに対極するポジティブは「二元の統合」ではない。

ネガティブを否定してポジティブを目指すのは、
「ネガティブ」に分類するべきであろう。
ネガティブを否定するポジティブは「二元対立」であり、
5次元(第8太陽次元)への移行は不可能である。

ネガティブでもなくポジティブでもない中真(ゼロポイント)が、
「真のポジティブ」である。
それは偏りのないニュートラル(中立)という意味で、
ネガティブとポジティブを統合することで獲得できる視点である。

ネガティブを否定して排除するのではなく、
浄化して受け入れることが「二元の統合」なのだ。

1590.jpg

今年の冬至が「5次元の入口」であるなら、
獣が解明したピラミッドの謎とも無関係ではない。
具体的な説明は省略するが、
黄金太陽(正八面体)の中心が「5次元の入口」なのだ。

「第8太陽次元」を△、「第7太陽次元を」▼で表すことができる。
または、「5次元」を△、「4次元」を▼で表すこともできる。
あるいは、「ポジティブな世界」を△、
「ネガティブな世界」を▼で表すこともできる。

今年の冬至が「第7太陽次元」と「第8太陽次元」の
交替期の基点になるということは、△と▼の底辺の結合を意味し、
その中心点(5次元の入口)に入っていくことを示している。

オコツトも「認識の完全化」が「第8太陽次元の創造」だと
言っている通り、5次元の入口というのは自己の内面のことを指す。
具体的には、黄金太陽を人体に対応させた時に来る位置、
即ち「胸の中心」が5次元の入口なのだ。

物理的には心臓、エネルギー的はハートチャクラという事になるが、
そこに魂(真我)が宿っているのである。
厳密に言えば、魂(真我)との中継地点という表現が適切かも知れないが、
自分が見ている天空の太陽はその投影なのだ。

slater_medsize.jpg

真我の覚醒=二元の統合=認識の完全化=第8太陽次元の創造

5次元の入口に差し掛かれば、必然的に「真我」は覚醒の方向に向かうが、
その過程で様々な苦悩や災難が降りかかることになるだろう。
これは悪い予言をして脅かしているのではない。

真我の覚醒の為には、潜在意識のネガティブな部分を浄化する必要があり、
それが外側の世界に噴出するということである。
それは「カルマの総決算」とも言えるし、
「最後の審判」とも「ハルマゲドン」とも呼べる現象である。

「真我の覚醒」に向かうとは、「二元の統合」に向かうということである。
即ち、ポジティブ(△)とネガティブ(▼)の統合であり、
その統合の衝突が「ハルマゲドン」である。

それは内的世界での出来事(内観)であり、
外的世界に顕れたものが天変地異や戦争なのだ。
それを小難、無難にする為には、
「内観」「食事改革」「祝詞」を実践するしかない。

特に、内観によって二元の統合(△と▼の統合)を進めていくことが
「真のポジティブ」であり、肉体のまま5次元に移行するプロセスなのだ。
やがて、△と▼が完全に統合し、マカバとなる時が来る。

それが恐らく2037年で、真我の完全な覚醒(認識の完全化)が起こり、
肉体と自我が消滅し、第8太陽次元が完成してアセンションするのだろう。

merkabah2020angel.jpg

さて、オコツトは次のように予言している。

「今のあなたがたの意識の在り方からして見れば、想像を絶するような
宇宙観の変革がここ数十年の間に訪れてくることになるはずです」


私の「内外反転」や「内外一致」の感覚は、その入口なのだと思っている。

柳瀬宏秀著『マヤの叡智と日本人の魂の融合』という本、
以前から興味を持っているのだが未だに読む機会がない。

Facebookでも案内が届いたが、
氏の「コズミック・ダイアリー・セミナー」に参加すると、
世界の見え方、感じ方が変わるという。
「空間次元」と「時間次元」があるとすれば、
私は「時間次元」における意識の変容は起きていない。

瞑想中に「無時間」の意識状態を体験したり、
過去・現在・未来は「今ここ」に集約されていることは、
理論的には理解して少しは認識もできているつもりだが、
過去から未来に流れている時間軸の中に囚われて生活している。

ところが、このセミナーに参加することにより、
時間が、共時性であることを体験から知り、
4次元以上の時間に旅立ち始めるという。
この情報も、ぜひ参考にして頂ければと思う。

EPSON727.JPG

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


posted by ZERO at 15:03| Comment(2) | 青森白木上神示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

2037年の次元転換や「空間次元」や「時間次元」ということを仰いましたが、今回の記事では2036年から2000年にタイムスリップしたというジョン・タイターの眉唾物とも言える話を思い出しました。
タイターが言うには2030年代には欧州原子核研究機構(CERN)がタイムマシンを発明するらしいです。そうなれば確かに時間の概念はおろか過去改変と未来予知により善悪の概念さえも抜本から変化させるに違いありませんけど、それがどんなかたちで世の中に影響が出るのでしょう……

物質社会の臨界点がタイムマシンなのかもしれませんが、それを用いて西洋式の未来に夢想したユートピアや過去に在ったエデンやアルカディアの為だけのフリーメーソンとなったところで、畢竟導くのは善悪のうちの一極に偏ったディストピアになると思います。仰るようなネガティブな世界ですね。

ジョン・タイターに関する真偽は置いておきましても、物質的な臨界点を突破する時期は迫っています。
満州事変の首謀者で知られる大日本帝国陸軍軍人の石原莞爾は『世界最終戦論』にて世界の東西の盟主がやがて最終戦争を起こすと予言しました。二極化した社会が物質的にも精神的にも衝突することを意味しているのですが、全てのカルマを精算する時期は物質社会の臨界と共に到来するのかもしれません。

私も中真こそこれからの時代に求められると考えています。振り子は左右に振れても支点はそのままですから、私は斯く在るための意識改革に勤しむ所存です。

Posted by 末の者 at 2012年12月04日 19:15
末の者さん、こんにちは。

ジョン・タイターのことは、私も以前、本屋で「ムー」を立ち読みして、少し記憶に残っています。
世界全体としては二極対立が必要ですが、それを統合して中真を掴む人たちを殖やしていくことが必要ですね。
外の世界を見て意識改革ということですね!
振り子の原理、ナイスナ表現ですね〜!
Posted by ZERO at 2012年12月06日 12:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。