2013年08月15日

ユダヤの秘宝が眠る剣山と裏天皇の謎

「富士山噴火と淡路島地震」のコメント欄で、
『ガイアの法則U』の「かごめ歌」の記事を紹介した↓
http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-category-11.html

それはそうとして、やはり阪神淡路大震災の予言だと私は思う。
『ガイアの法則U』の解説と関連づけても、そのように思う。

阪神大震災とかごめ歌
http://jew-beast.seesaa.net/article/154591022.html

shinsai1.jpg

「かごめ歌」はイスラエル10支族のエフライム族の歌だと言われており、
かごめ(籠目)はダビデの星、すなわち六芒星(ヘキサグラム)だが、
「六」という漢字は出雲族を象徴する「八」が封印された状態を意味する。

「籠」は、日向族を象徴する「竹」で「龍」が封印されている状態を表し、
「籠もる」と読むことからも分かる通り、「こもる」は「隠る」とも書く。

つまり、龍神である国常立尊(ルシファー)が、
淡路島と神戸の摩耶山に封印されていたということだが、
同じく東経135度線にある京都の元伊勢籠神社との関連も無視できない。

「籠」の字義からすると「封印されている」と言った方が適切だが、
「カゴの中の鳥」の「カゴ」とも一致する。

豊受大神の正体と籠神社の謎
http://mujaki666.seesaa.net/article/126446508.html
かぐや姫に封印された鬼と「カゴメの唄」
http://mujaki666.seesaa.net/article/126994337.html

makaba.jpg

そして、「夜明けの晩」に阪神淡路大震災が起こったが、
「ツルとカメが滑った」というのは、敦賀と丸亀、
または籠神社のある丹波の舞鶴と亀岡の断層が滑ったことを暗示する。

阪神淡路大震災直前のアリオンの緊急警告
「三筋の亀裂は一筋から分かれた二つの筋に重なる所で軋轢を生む」

そして震災の1週間後に、震源地の海底に3筋の亀裂が発見された。
当局は、海底の断層は陸地の断層に続いている可能性が高いと発表し、
アリオンのいう一筋の亀裂は、丹後半島から発進した可能性がある。

出口王仁三郎は「鳴門の仕組み」で淡路島に井戸を掘らせたが、
その井戸を守り続けた白山義高は、ある時、
淡路島のユダヤ人遺跡を発掘するよう王仁三郎から命じられ、
ホテル「四州園」の敷地内でユダヤ人遺跡らしきものを発見した。

そして淡路島の「後ろの正面」には、四国は徳島県の「剣山」がある。
剣は「鶴亀」に通じ、実際に剣山には「鶴岩」と「亀岩」が存在する。

アーク.jpg

籠神社の御神体はイスラエル三種の神器の「マナの壺」だったが、
剣山には三種の神器を収めていた聖櫃「アーク」が隠されているという。

アークは神輿の原型だが、飛鳥説によると伊勢神宮に隠されており、
「草薙の剣」は熱田神宮に祀られているそうだが、
アークは恐らく別の場所(日本国外)にあり、
剣山には文字通り「剣」が隠されていると思われる。

もちろん、それはヤマタノオロチを退治した「草薙の剣」だが、
それは形状から考察して「モーセの杖」だと考えられている。

さて、徳島の語源は封印を「解く島」で、出雲族とその神である
ルシファー(国常立尊=艮の金神)を封印した忌部氏の本拠地である。

以前、ヤタガラスに進呈した「日本ピラミッド文明」の挿し絵を見ると、
飛騨高山、琵琶湖、神戸、淡路島、鳴門、剣山が直線上に並んでいる。

剣山はもともと「鶴亀山」と呼ばれていて、
山頂に「鶴岩」と「亀岩」が配置されている。

超人マヌと星占いが明かす「富士の仕組と天地のビックリ箱」
http://mujaki666.seesaa.net/article/167768267.html
イエス・キリストの神殿「伊勢神宮」と世界3大宗教の統合
http://mujaki666.seesaa.net/article/169427554.html

52254263e49ea0182d7c95933eb7ef11c4dd1ce5_89_2_9_2.jpg

そこで興味深い記事を見つけたので紹介しておく↓

剣山で発見されたミイラ100体の謎
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-223.html

少し長いので要点を簡単にまとめておくと、
神奈川県の尋常高等学校の校長を務めた聖書研究家・高根正教は、
昭和11年、神道の言霊学によってアークの在処を剣山だと解読し、
山頂の鶴岩と亀岩に目をつけて発掘調査に乗り出したという。

そして、亀岩の下を数年間かけて約150メートルも掘り進み、
アークこそ発見されなかったものの、
131メートル地点で巨大な球体型をした「太陽岩」を発見、
さらにその4メートル奥でも同じ球体の岩を発見し、
大理石のアーチ門や高さ15メートルのピラミッド型空間も発見した。

その情報が政府の耳に入って発掘はストップをかけられ、
発掘品は一部を除いて全て没収されてしまったという。

その噂を聞いて、戦後、その価値8000億円ともいわれるソロモンの財宝・
聖櫃「アーク」を求めて、多くの冒険家たちが剣山を目指したという。

その中でも、元海軍大将・山本英輔は、高根が掘った穴を特定し、
さらに奥へと掘り進むこと16日目、レンガ作りの回廊の奥に、
100体以上のミイラを発見したという。

そのことは、徳島日報で配信されたのだが、
当記事が配信された新聞ごと消されているそうである。

結局、山本も諸問題でアークまで行き着かなかったが、
その他、たくさんの男たちによって、剣山が「人工山」で、
遺跡のような「地下施設」があることが判明している。

剣山.jpg

アークが剣山に隠されていることは、
中東問題研究センターの宇野正美氏も力説しているが、
古代史の研究家の大杉博準教授も、
「アークは確実に剣山にある」と断定した上で、
アークがあるのは山頂の地下施設ではなく「行場」だという。

アークは、ユダヤ教祭司支族のレビ族が祀ってきた「契約の箱」なので、
レビ族によって日本にもたらされた可能性は十分ある。

私は個人的に異なるの仮説を唱えているのだが、
普通に考えればレビ族が日本に持ち込んだと考えるのが自然だ。

そのレビ族とは何者かと言うと、アリオンが「真の闇帝王」と呼ぶ
日向族(現天皇家)の実権を握っていたアマテラスの義弟たちである。

アリオンによると「真の闇帝王」は、
出雲族をカバラの呪術で封印後、四国に潜伏したという。

天皇家の影の支配者で、四国に本拠地を構える祭祀集団と言えば、
「忌部氏」すなわち「裏天皇の中心人物」以外には考えられない。

真の闇帝王の正体を暴く
http://jew-beast.seesaa.net/article/153627630.html
真の闇帝王の反転
http://messiah666.seesaa.net/article/192575379.html
解かれた封印「345の仕組み」と「日向族の役目」
http://mujaki666.seesaa.net/article/169557537.html

img_1587336_44889617_0.jpg

「愛国の民を陥れたる真の闇帝王、封印に執着するも終わりを知る」
(ARION)

淡路島が新たな文明の拠点になるなら、
その後ろの正面の徳島にある剣山(鶴亀山)の封印が解かれ、
伝説の「アーク」が再び世に現れる可能性がある。

アークを手に入れた者が世界を支配すると言われているが、
現在でもアークを管理しているのはレビ族、
つまり裏天皇である忌部氏だということになる。

だが、あくまでも管理であり、それは天皇家の秘宝である。

「鶴と亀がすべる」というのは
「鶴と亀が統べる(統合する)」とも解釈されている。

亀は男性原理(陽)で△、鶴は女性原理(陰)で▼だが、
アリオンによると、出雲族は△、日向族は▼で象徴されている。

黄金太陽.jpg

私の説では、出雲族は「イスラエル10支族」、
日向族は「イスラエル2支族(ユダヤ人)」であり、
△と▼の統合(陰陽合一)で、
籠目紋であるダビデの星が形成されることになる。

即ち、出雲族と日向族の統合により、皇位継承権が出雲族に返還され、
古代イスラエル王国のダビデ王の再来を思わせる「世界天皇」が誕生するのだ。

「ダビデ王の再来」をキリスト教で言えば、
ダビデ王の子孫である「イエス・キリスト」の再臨である。

ダビデはユダ族で、当然ながらイエスもユダ族だったが、
現在の天皇家もユダ族の末裔である可能性が高い。

だとしたら、イスラエル10支族の末裔である出雲族から
「世界天皇」が出るのは理に適っていないことになるが、
これは血統で考えるべき問題ではない。

△は「霊」、▼は「肉」でもあり、
▼(日向族)である現在の天皇の血統に、
封印から解かれた△(出雲族)の霊統が蘇るということなのだ。

mich3.jpg

では、「剣」の話は一体どこに行ったのか……。
まず、「ヨハネの黙示録」には次のように予言されている。

「天にある神の神殿が開かれて、その神殿の中にある契約の箱が見えた。
また、天に大きなしるしが現れた。
一人の女が太陽を纏い、月を足の下にし、十二の星の冠を被っていた。
女は身ごもっていたが、子を産む痛みと苦しみのため叫んでいた。
また、もう一つのしるしが天に現れた。
見よ、火のように赤い大きな竜である。
これには七つの頭と十本の角があって、その頭に七つの冠を被っていた。
竜は子を産もうとしている女の前に立ちはだかり、
産んだら、その子を食べてしまおうとしていた。
女は男の子を産んだ。
この子は、鉄の杖ですべての国民を治めることになっていた。
子は神のもとへ、その玉座へ引き上げられた」


E383A4E3839EE382BF~1-9c57b.jpg

7つ頭の竜を倒して鉄の杖を手に入れたのは、
バアル(イエス・キリスト)である。

それは「モーセの杖」を暗に示しているが、
日本神話に対応させると明らかに、
スサノオがヤマタノオロチを退治して手に入れた「草薙剣」である。

そして生まれてくる男の子は、
バアルの生まれ変わりのミトラ(再臨のキリスト)だが、
ミトラはバアルの息子でもある。

その神話を古代日本の歴史上の人物に対応させると、
「バアル=スサノオ」「ミトラ=ニギハヤヒ」ということになる。

神話で比較すると、「バアル」は嵐を司る牛の神で、
「スサノオ」も暴風雨を司る牛の角を持つ神である。

wuqb.jpg

バアルの息子「ミトラ」は太陽神で、
古代日本のスサノオの息子「ニギハヤヒ」も太陽神とされている。

出雲族の族長だったスサノオは「日本建国の父」と呼ばれ、
ニギハヤヒは大和の大王として「真の初代天皇」となった人物である。

つまり、バアル(スサノオ)が手に入れた鉄の杖(剣)で
世界を統治する男の子は、ミトラ(ニギハヤヒ)ということになる。

それが意味することは、
一応は万世一系で血統を守ってきた日向系天皇の世継ぎに、
真の皇位継承権を持って初代天皇に即位した
「ニギハヤヒ」の霊統が降臨するということなのだ。

『日月神示』と岩戸成る「平成」の悠仁親王の君が代
http://mujaki666.seesaa.net/article/167659607.html
ニヤン・トロ星人「雅子様」と世界天皇「モアイ」の謎
http://mujaki666.seesaa.net/article/167657472.html
『竹内文書』と『日月神示』が予言する天津日嗣天皇の再臨
http://mujaki666.seesaa.net/article/167655629.html
悠仁親王とサイババ(キリスト)の奇跡とサモンコール・エイリアンの守護
http://mujaki666.seesaa.net/article/167769327.html

詳細は、途中まで作成している
「裏天皇」についての記事が完成次第、載せる予定である。

imgad.jpg

尚、王仁三郎から「鳴門の仕組」を委嘱された武智時三郎が、
『淡路島の神秘 エル.エロヘ.イスラエル』を出版しており、
「鳴門の仕組」とは日本とユダヤの完全な提携によって、
「立替え立直し」を成就させることだという。

そのために淡路島に「元井戸」を掘りつつ、
ユダヤ民族渡来説を証明する遺跡を探索し、
言霊学の見地からも淡路島こそ「日ユの聖地」だと主張しているそうだ。

ユダヤ財閥の最高権力は「ロスチャイルド家」だが、
彼らもダビデ王の末裔だと言われており、天皇家と同じく、
ライオン(獅子)とユニコーン(一角獣)を紋章にしている。

20080824_317915.jpg

ロスチャイルドはロンドンを拠点に栄華を誇ったが、
『ガイアの法則』によると、彼らはロンドンの地に働く
聖なる力の法則を心得ていたからだという。

それは西暦1200年代に始まり、1600年代〜1800年代まで中心地となり、
2000年まで続いたが、1995年から淡路島にシフトしたという。

日本とユダヤの提携とは、言い換えれば
天皇家とロスチャイルド家の提携と言えるかも知れない。

「ユダヤは神の選民で、艮の金神が道具に使っておられる。
ユダヤは悪に見せて善をやるのや」

(出口王仁三郎)

「真の闇帝王」を使った獣の世界支配計画
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/159979939.html
悪神の総大将と「闇の権力」を使った獣の世界支配計画
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/159714963.html

gahgahga.bmp

最後になったが、剣山の封印解除の為に、
今一度の淡路島大地震が起きる可能性があるということである。
そうなれば、当然ながら被害は淡路島だけでは済まない。

「淡路島 王仁三郎」で検索していた時に見つけた以下のサイトにも、
同じようなことが書かれていた↓
http://tsukioto2011.blog65.fc2.com/blog-entry-94.html

「次に、淡路に大きな地震が来た時が、”終わりの始まり”の合図かも…?」

地震は起こるべくして起こるので、
地震そのものを止めるわけにはいかない。

地震は地球の浄化作用の1つであり、
例えて言えばクシャミのようなものである。

ウィルスを排出するためにクシャミをする。
それが地震だと思えば、
クシャミを止める薬を飲むのは自然の理に反している。

あるいは、ウィルスを退治する為に発熱するのが、
地熱の上昇(地球温暖化)だと思えば良い。
だとしたら、解熱剤は自然の理に反していることになる。

だが、デトックス(排毒)をしたり、
適切な栄養補給やエネルギー補給などをすることにより、
免疫力を上げて風邪や発熱を緩和したり治癒することができる。

ガイア(地球)意識が人類の集合的無意識であることを思えば、
私が説く地球大変動の軽減化が理解できるはずである。

ひらめき投票ヨロシクお願いします左斜め下
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
posted by ZERO at 06:40| Comment(14) | 謎学・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり今、淡路島がキテますね〜♪(´ε` )
実は4月13日の淡路島地震の18日前に、淡路島を訪れていました(笑)
御用と言う名のバンドメンバーでのドライブで、
最初は僕が伊勢神宮に行きたいとワガママを言っていましたが、
距離的に無理なのでいつの間にか、淡路島になっていました(笑)

淡路島は高速道路は発達していますが、
まだまだ未開の地で、いつもあそこを通るたびに絶対なにかある!と思っていました^^大阪遷都の次は淡路遷都ですね(笑)
Posted by 真薩供 at 2013年08月15日 14:54
そう言えば日本列島=世界の雛形
http://matome.naver.jp/odai/2134168576587904701

で言えば、四国はオーストラリア大陸。
我々の留学、中島連の因縁は四国=のオーストラリアの封印解除?
な気がしています。忍

将軍!淡路島の御用アザッス☆^^
日本神話で一番初めにできた島が淡路島でしたっけ?笑
ガキの頃、行ったことあります。
淡路遷都ならば大阪?兵庫?に淡路という地域があります。^^
Posted by 総裁越楠 at 2013年08月15日 16:36
総裁、ツイッターに日本は世界の縮図の画像UPしました〜^^

四国がオーストラリアなら、淡路島はどこになるんでしょうね〜^^閣下説でアークが眠るといわれるスラウェシ島だったりして^^;

大阪市淀川区に淡路って地名ありますね(笑)確か日本で最初に出来た島は「オノコロ島」でこれが、通説では淡路島だったと言われています☆しかし飛鳥説では、なんと西日本全体だったと言われておます♪(´ε` ) どちらにしても僕的にはオノコロ=男(お)の子って言う意味に思えて仕方ないですね〜(笑)
Posted by 真薩供 at 2013年08月15日 17:00
将軍、総裁、こんにちは。

将軍も淡路島に召喚されていたんですね〜!
淡路島はニュージーランドに対応し、
ニュージーランド地震とも連動していると思われます。

淡路は阪急電車の十三の手前(京都から見て)だったと思います。
昔、T氏が一時期淡路に住んでいて、
淡路でも数々の伝説を残しています(笑)

「ガイアの法則」によると、
ムー文明が滅亡した後、生き残った残党たちが、
淡路島に移り住み(日本列島もムー文明圏)、
そこから世界の文明がスタートし、
シュメール人はその末裔らしいです。

ムー大陸とアトランティス大陸の謎B
http://kemono666.seesaa.net/article/277387037.html
Posted by ZERO at 2013年08月15日 23:17
将軍&読者の皆様、こんにちは。

飛鳥説によると、アークは古代プラズマ兵器らしいです。
聖書の記述を見ると、確かにそのように思えます。
そして、ユダヤの伝承によると、
アークはイスラエル10支族が持ち去ったそうです。

私(夢蛇鬼)の説では、出雲族はイスラエル10支族ですが、
アーリオーンによると、出雲族はスラウェシ島の
トラジャ族に何かを託したそうです。
それがプラズマ兵器(アーク)としか思えないんです↓

「スパスシフィカより熱磁気送信開始
不知火の火は点火された」

プラズマ兵器を使った獣(ZERO)の世界支配計画
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/161124021.html
Posted by ZERO at 2013年08月16日 09:08
なるほど〜
スラウェシ島ではあの有名なポソ宗教戦争が起こったり、なかなか大変そうな場所ですが、いつか発掘してみたいですね〜^^

なんとなくですが、僕は淡路島は「クレタ島」にも対応しているのではないかと思いました。ギリシア文明の発祥の地です。


え!?淡路島からシュメール人が!それは超意外ですね〜。 
毘沙門天謙信氏によるとシュメール人が縄文人を駆逐したとあります^^;
http://kenshin.blog.ocn.ne.jp/blog/2011/06/post_8748.html

なんと、パンゲア大陸時代には日本列島は北極近くにあったそうです(笑)
http://rocketnews24.com/2013/06/06/337359/

Posted by 真薩供 at 2013年08月19日 19:32
それと、以前から「淡路島と琵琶湖って形似ているな〜」って思ってました。もしや、琵琶湖付近の台地が浮上して現在の淡路島の位置に落ちたのではないか?と思いました。

本州が分裂して九州や四国が出来たらしいですが、にしては淡路島は妙に不自然な形をしています。琵琶湖の台地が浮上したのなら、まるで淡路島は天空の城ラピュタみたいだなと思いました(笑)

それについて調べたら面白い記事を発見しました(笑)
http://calseed.blog31.fc2.com/blog-entry-59.html
Posted by 真薩供 at 2013年08月19日 20:43
将軍様、こんにちは。

「将軍」と呼ぶと、暴れん坊将軍を思い出します。
「将軍様」と呼ぶと、金さんを思い出します。
遠山の金さんではなく、北朝鮮の金正日です(笑)

鬼将軍=デーモン将軍ですね。
デーモンというと「閣下」を思い出します(笑)

将軍は信じないかも知れませんが、
琵琶湖の位置にあった土地をくり抜いて瀬戸内海に置いたのは、
ダイダラボッチのようですよ。
wikiに次のように載っていました↓

ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人である。
山や湖沼を作ったという内容が多いことから、
元々は国づくりの神であった可能性が指摘されている。
Posted by ZERO at 2013年08月20日 15:45
閣下、将軍、こんにちわ^^


プラズマ兵器(アーク)総裁も同感です!
ちなみに草薙の剣もウランで出来た兵器のようです☆
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-417.html

ビシャケン氏の記事も将軍紹介の記事も興味深々です〜∩(´∀`)∩ワァイ♪
Posted by 総裁越楠 at 2013年08月20日 15:48
総裁、こんにちわ。

草薙剣がウラン兵器とは驚きですが、ありえる話ですね^^;
Posted by ZERO at 2013年08月20日 16:32
皆さん、ご無沙汰しております。

>ムー文明が滅亡した後、生き残った残党たちが、
>淡路島に移り住み(日本列島もムー文明圏)、
>そこから世界の文明がスタートし、
>シュメール人はその末裔らしいです。

ペトログリフからもシュメールと日本列島の関係は切り離す事が出来ませんね。

シュメール人が縄文人を駆逐したと言う表現に誤解があるかもしれませんが、
厳密には、ユダヤと偽ユダヤと同じ理論でありましてシュメール人と偽シュメール人とが存在したのではと考えております。
もちろん、縄文人を駆逐したのは偽シュメール人です。
偽シュメール人の正体は、シッチン氏の主張するレプティアンだと思われます。

偽キリスト、偽ユダヤ、偽ゲルマン、偽日本人・・・偽物多いです。

縄文人の主力は地球内天体アルザルに移動したのかも知れません。
10支族、出雲族とも関わりがありそうです。

ダイダラボッチも興味深いです。
世界各地の巨人骨は本物だと思われます。
ちょうど先週DVDの新作でジャックと天空の巨人を見ましたが、伝説は真実だと思われます。

巨人を悪役に仕立て上げている事から、巨人は逆に被害者だと確信しました。
私の推測では、飛鳥氏が主張する地殻天体である太陽(SOL)の住人では無いかと思われます。

天体の大きさと生物の大きさも比例するのでは無いかと考えてみました。
太陽活動の中で、なんらかのプラズマ現象が発生し地球にテレポートしたのかも知れません。

アークが古代のプラズマ兵器である可能性は極めて高いと思われます。
3種の神器は、相互作用で偉大なパワーを生み出すと信じております。

地球生命体ガイアがプラズマ生命体であり、間もなくアルザルを出産。
ガイアの母親が木星。
木星の母親が太陽。
いつもながら、飛鳥説には感心してしまいます。

メスばかりでオスには詳しくふれておりませんが、私は個人的にオスのプラズマ生命体は、この動画にヒントが隠されている様に感じました。

http://www.youtube.com/watch?v=BqoAPl7wZcg

深夜に支離滅裂な妄想を長々と書き込んでしまいました。

それにしても暑いです・・・

それではまた
Posted by 毘沙門天謙信 at 2013年08月22日 04:56
ビシャケンさん、こんばんわ♪

ようこそ☆ウエルカム噛むです!^^

>偽シュメール人の正体は、シッチン氏の主張するレプティアン

ワタシも同感です!
キーワードは偽。ですね♪ 偽ルシファー、偽太陽神、偽龍蛇族?笑

最近は面倒なので、ワルトカゲ軍団 対 龍蛇族軍団 とか言ってますw


パンゲアの時代は地球も今より大きさも重力も小さかったそうです。

ワタシは神社に奉納してある異様にデカイ剣や槍は、単純に考えて、
ホントにそれをブンブン振り回せる巨人のような存在がいた名残?のような
気がします。笑

支離滅裂な妄想。大好物です♪笑
Posted by 総裁越楠 at 2013年08月22日 22:46
毘沙門天謙信さん、お久しぶりです。

アルザルにも巨人がいるとの報告がありますね。
これまたトンデモですが、私が思うには、
アルザルと太陽は同一存在であります。
そのことは今から載せる最新記事にも書いています。

飛鳥氏もガイアがアルザルを産出すると言ってるんですか?
私もその仮説を唱えていて、
アルザルが新しい太陽になるという珍説を、
神仙組1か何かに書いていると思います。

太陽についての記事は数ヶ月前から載せようと思いながら、
まだ記事が完成していないので載せられませんが、
近々載せようと思うので、また覗きにきて下さい^^


総裁、こんばんは。

ブンブン振り回せる巨人のような存在……
それは総裁の先祖ではありませんか!
Posted by ZERO at 2013年08月23日 19:24
ダビデの星より籠目紋の方が実は古いんですよ
Posted by 名無し at 2016年12月11日 05:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]