2013年11月02日

「マルチョン瞑想」による天人合一法

24歳の頃、知人に誘われて初めて藏本天外氏のセミナーに参加し、
私はフィジカルサイコロジー&サイコセラピーにハマって、
知人は藏本氏の指示で京都支部に任命された(今はやっていない)。

20120216_2404231.png

藏本氏は瞬間催眠によって人々の潜在能力を引き出すプロで、
能力開発だけではなく、病気治療でも肩こりなどは5秒程度で快癒。

失明した人も数分で視力が戻ってきたり、
車椅子の人がその場で立ち上がって歩き出したり、
一瞬で脚の贅肉を溶かして細くしたりなど、
数々の奇跡を目の当たりにしてきた。

Screen-shot-2012-10-15-at-11_06_22-AM.png

隈本確の神霊治療や石井普雄氏のESPパワーのような即効性だが、
藏本氏が何かエネルギーを送っているわけではなく、
あくまでも本人の潜在能力(真我の無限力)を引き出しているのだ。

CAR7YYJA.jpg

私はこの怪我をした後、
1年くらい頚椎の痛みが治らなかったが、
それも簡単に治ってしまった。

もちろん、意識の持ち方や言葉の使い方なども習い、
90万円の合宿で公開される天外メソッドも教わった。

read_mini.jpg

パフォーマンスとしては、名刺で割り箸を折ったり、
手や腕に画鋲を刺しても出血しないなど、
何の役にも立たないプチ超能力も獲得した(笑)

2008年10月9日(30歳)
CA333700.jpg

もちろん、痛みもほとんど感じることはなく、
画鋲を抜いても血が出ない。

CA333701001.jpg

その瞬間催眠の方法は、前回紹介した「瞳光の不睨」と正反対で、
ライターの火など何か一点を集中して見させるというものである。

ライターの火を見つめるのは「ろうそく瞑想」と通底するが、
要するに何か一点に視点を集中させることで催眠状態にするのだ。

「新しい真理の種子」とロウソク瞑想による想念浄化
http://messiah666.seesaa.net/article/230569716.html

060606_0825~0001.JPG

これは27歳の時だが、針を刺されたり
ロウソクを垂らされたりしていた(笑)

060606_0457~0001.JPG

で、初めて藏本氏のセミナーに参加した時、
何百人かが会場に集まっていて、
私は目立たない位置の席に座っていたのだが、
何故か藏本氏は私の顔ばかりを一点集中的に見ていた(笑)

brain_image.jpg

私は高校生の時、もともと記憶力は良かったのだが、
大学受験で記憶力を上げる為に、
政木和三氏のヘミシンク装置「アルファシータ」を購入した。

loh.jpg

その時の付録の中に、
「1点集中トレーニングカード」が付いていた。
131102_0943~01.jpg

これは『日月神示』のシンボルでもある
「マルチョン」のマークと同じである。

図形からエネルギーが出ていることはよく知られた事実だが、
波動研究家の岡田達雄氏によると「マルチョン」は、
陰陽バランスのとれた中性のエネルギー保存型になっていて、
理想的な図形とのことである。

6cd0ebfbdf7717835891e05f21bd6e23.jpg

従って、私は自分なりに祭壇を設置していた頃、
「1点集中トレーニングカード」を拡大コピーして、
ダイソーで買った100円の額に入れて本尊として祀り、
「マルチョン」を見つめながら各種祝詞を奏上していた。

CA5I932M.jpg

今はトイレに貼って、みんなが毎日忘れずに
「一点集中トレーニング」をできるようにしている。

これをパソコンの背景にしても良いし、
プリントアウトして私と同じように飾れば、
空間の波動を高める効果もあると思う。
(トイレの波動を高めることも大切である)

CA333531.jpg

昔、六角形と六芒星とマルチョンが組み合わされた
「ヒランヤ」のペンダントを購入した数日後、
カルマの清算が起きたのか、さっきの写真の怪我をした。

難が有ったら「有り難う御座います」で、
気づきを得たこととカルマ解消に「感謝します」で、
それ以前に「ご免なさい」「許して下さい」であり、
自分のことも相手のことも「愛してます」である。

untitledn.bmp

私は「瞳光の不睨」と「マルチョン瞑想」の両方を実践してきたが、
「無限遠点」の認識と感覚化を加速させるのではないかと思われる。

即ち、自分が宇宙大に拡大する天人合一とは違い、
宇宙の奥行きと幅を凝縮して自分と合一する天人合一である。

江戸時代の曹洞宗の僧曹・月舟宗胡が、
死ぬ間際に書いた自画像もマルチョン。
gesyu.jpg

私の感覚的な理解ではマルチョンには、
宇宙と自分の合一(天人合一)の象徴でもあるからだ。

宇宙と人体「全体=中真」の真理
http://new-mu.seesaa.net/article/313710113.html
魂の中に汝が宿っている!
http://new-mu.seesaa.net/article/364204954.html


にほんブログ村
posted by ZERO at 12:09| Comment(15) | 呼吸法・瞑想法・言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今ちょっと二日間のプチ旅の真っ最中なのですが行くあてがなく困っております(知らんがな)

名古屋付近でここ行っとくと良い的なパワースポットなんかはありますか?
Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月03日 12:50
クワトロさん、こんにちは。

プチ旅行ですか〜!いいですね^^
まずは大須観音ですね!
それから大須の商店街をぶらっとすると良いと思います。
それと名城公園を散歩するのも良いかも知れません(笑)
それと名駅の駅ビルのエスカレーターで最上階に行き、
名古屋の景色を一望すると良いでしょう。

部屋の大掃除は進んでいますか?^^
Posted by ZERO at 2013年11月04日 02:24
聞いといてなんですがあちこち行くのってなんか効果あるんですかね?

ちょっと前まではダメな自分に何か変化を与えようとあちこちウロウロしたりしてましたが案の定何にもなくてガッカリしてきたのでどこにも行かなくなりました、「どーせ意味ねーや」と。

今は必要な物をスーパーとかコンビニに買いに行くくらいで…(今現在は漫喫に潜伏中)

本音を言えば異世界に行きたいです、トンネルくぐったら変なお風呂屋さんに辿り着いたとか…(笑)現実の世界は退屈です。

部屋の掃除ですが、30%くらい進んだ感じです、それからさっき新しい収納の家具を注文したとこでこれに散らかしてる物を詰め込めばグンと部屋が広くなること受け合いです。

部屋が広くなれば更に片付けがやり易くなりそうです。
Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月04日 04:37
しかし「現実は退屈だ」というのは「否定」なので「真我」の感覚ではありませんね、誤りでした。

一番気を付けなくてはならないのはどれだけ退屈でも不安でも「いい感じだぜ〜」と意識して肯定的な感覚をキープする事ですね、リラックス。

ZEROさんの言う通り「取り越し苦労」は駄目ですね、それ自体がとてつもない破壊エネルギーを持ってる気がします。



Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月04日 04:59
ZEROさんのオススメ通り駅ビルと大須観音に自転車で行きました。

しかし大須観音は最初近くまで行きましたがとりあえず駅ビル行ってからにしようと後回しにしといて後で来たら当たり前ですが人がワラワラ増えてて人波にビビリ断念(←そーいう奴なんです僕は)

駅ビルも屋上まで行ったはいいものの場違い感がハンパないムードでこちらも断念。

挙句帰ろうとしたら道に迷って一時間位見知らぬ町をウロウロしてヘトヘトに…

一体何のために行ったんだか(笑)

しかし否定は駄目なので自我を浄化して完結とします。
Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月04日 13:56
おまえに聞いてないと言われるかもしれんが、コメントしまくるよ。

そういう感覚がわからない。あてもなくウロウロするのって、結構楽しい。
というか、なぜそんなことに「意味」や「効果」を求める?
>聞いといてなんですがあちこち行くのってなんか効果あるんですかね?

ポジティブシンキング自体が自己目的化してる希ガス。
あなたの場合、もっともっと堕ちるところまで堕ちていったほうがいい希ガス。
>しかし「現実は退屈だ」というのは「否定」なので「真我」の感覚ではありませんね、誤りでした。
>しかし否定は駄目なので自我を浄化して完結とします。

誰も気にしてない。私も一人でデパートにいった時などふとそうした感覚に陥るが、(おばちゃんだらけ)単に自意識過剰になっているだけだ。
>駅ビルも屋上まで行ったはいいものの場違い感がハンパないムードでこちらも断念。
Posted by トロッコそば at 2013年11月04日 20:06
トロッコそばさんご意見有難う御座います。


>おまえに聞いてないと言われるかもしれんが、

→それはありませんよ、トロッコそばさんは僕自身なのでトロッコそばさんの意見は僕の言葉なので、トロッコそばさんが意見してくることを僕は否定しません。


>あてもなくウロウロするのって、結構楽しい。

→そうですね、しかし今回の僕のウロウロはまだまだ僕の自我が強かったためにトロッコそばさんの言うように自意識で楽しめなかったということです。


>というか、なぜそんなことに「意味」や「効果」を求める?

→トロッコそばさんに指摘されてから考えましたが、ウロウロする事は「日常生活即内観」…自分の自我を発見する事が出来ます。

「意味」を求めるのは先程言ったように僕の自意識が強いためにそれほど外に行くことが楽しめないから、どうせ嫌々行くなら意味が欲しいかな…と思ったのです。

「効果」を求めるのはそんな自分を変えたいからです。


>ポジティブシンキング自体が自己目的化してる希ガス。

→そうかもしれませんね、ネガティブとの二元の感覚の「ポジティブ」は良くないなと思います、ですから僕はZEROさんの言う「真のポジティブ」を目指しています。


>あなたの場合、もっともっと堕ちるところまで堕ちていったほうがいい希ガス。

→「堕ちる」と言うよりは、「内観→浄化」に役立てるために僕の潜在意識の汚れが表面化してくれれば良いなと思います。
Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月04日 23:32
クワトロさん、こんにちは。

部屋の掃除が進んでいるようで何よりです^^

あちこち行くことで、自分では分からない
何らかの効果や意味があると思いますよ。
自分で変化は感じなくても、
確実に変化は起きているはずです。

クワトロさんは素直なので閃き即行動ができますが、
そこで自分の考えをできるだけ排除して、
とりあえず行動してみるといいと思います。

まぁ、そうやって行動してみて
疑問に思ったりするんでしょうけど、
色々と観察することは楽しいですよ^^

変化と言えば、コンビニに買い物に行くことすら、
数ヶ月前のクワトロさんだったら
考えられなかったことではないでしょうか?

異世界……桃源郷のような
異3次元の亜空間というやつですね。
私も行ってみたいです(笑)
そういう好奇心や冒険心は大切です^^

>しかし「現実は退屈だ」というのは「否定」なので
「真我」の感覚ではありませんね、誤りでした。

自分を客観的に観ることがかなり習慣づいてきましたね。

>どれだけ退屈でも不安でも「いい感じだぜ〜」と
意識して肯定的な感覚をキープする事ですね、リラックス。

そうですね^^

取り越し苦労をしていることに気が付いたら、
「先のことは見通しの神にお任せ!
導かれるままになるようになる」
という気持ちに切り替えるといいです。

もっと言えば、
「この取り越し苦労の原因は私の記憶の何が原因でしょうか。
ごめんなさい、許して下さい……」
と、元の芽を摘むのがベターです。

駅ビルと大須観音も私の提案通り、
現地まで自転車で行った意気込みと
行動力だけでも祝福したいと思います^^

>駅ビルも屋上まで行ったはいいものの場違い感がハンパないムード

これは「トンネルくぐったら変なお風呂屋さんに辿り着いた」
というのに似てますね(笑)

場違い感と言えば、私はどこに行っても場違いです(笑)
人々は私のことを「場違い」やら「気違い」やら
色んなことを言います(笑)

今回は断念したとしても、
以前よりも勇気度がUPしているのではないですか?

もし、以前のクワトロさんのことを一般の人に話すと、
大抵の人は絶句して青ざめると思います(笑)
私とはケースが違いますが、クワトロさんもある意味、
とことんまでドン底に堕ちて苦しんでいましたからね。

そこでたまたま私のブログに出会ったのは、
クワトロさんの真我の導きだったのだと私は思います。

「現実の世界は退屈」ということについては、
以下の記事を読んでみて下さい↓

「つまらない」と思っていた日常生活に感動が
http://world888.seesaa.net/article/161126348.html

「感動を得るためにいろんなところへ出向き、
特別に刺激的なことをしようともしていました。
でも、反対だったんです」

と書かれていますが、これは家の中に居ても
沢山の感動を発見できるという意味で、
外に出ればもっと沢山の感動が発見できます。

要するに、家に居ても外を出歩いていても、
何もすることがなくて、特に刺激的なことがなくても、
小さな感動を沢山見つけることができるという話です。

少なくとも1日1回は外に出て、
外気に触れ、景色や人々を見て、歩いて、
心身をリフレッシュすることは大切なことですよ。
Posted by ZERO at 2013年11月05日 05:26
ZEROさん、お忙しいでしょうに長文のお返事どうもです。


>変化と言えば、コンビニに買い物に行くことすら、
数ヶ月前のクワトロさんだったら
考えられなかったことではないでしょうか?

→コンビニなんかは元々行く事は出来ていました。

近寄ったり出来ないのは都会とか、若い子が一杯いる場所とか小奇麗な場所とか、そういうところです。

以前コメント欄にも書いたように僕は私服が超ダサいので(アキバ系とかではないですが「よく見るとダサい」という感じです、これは見てもらわないと分んないかもしれません(笑))ですからダサいとか汚いとか思われるのが怖いのです。

ただ最近は自意識や自我こそ無くなりませんがそうした事にあまり「落ち込まなく」はなりました、全部「最善」としているからです。


>今回は断念したとしても、
以前よりも勇気度がUPしているのではないですか?

→正直勇気もあまりついていない気がしますし、自我も全然無くなってない気がしますがやはり

・真我や神に「全託」する事

・全ては最善である

という事を覚えたので無闇に不安がったり落ち込まなくなりつつある気がします。

勇気が無くて自我が強い事すら「今はこれで良し!浄化作業もやってんだから…」と。
Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月05日 06:32
クワトロさん、こんにちは。

コンビニくらいは行けてたんですか^^
服は自分がいいと思ったのを着れば良いと思います。
自分の服装が超ダサいと思うなら、
カッコイイと思うのを着ればいいですよ^^

流行や人の評価は関係なく、自分のセンスでOKです。
私は昔から今もそういうスタンスです(笑)
「ダサい」とか「古い」とか言われたことは数知れず……
でも自分が良いと思えばそれで良いのです。

「全托」と「最善」の効果は凄いですね^^

>勇気が無くて自我が強い事すら「今はこれで良し!浄化作業もやってんだから…」と。

そうですね!素晴らしいです(拍手喝采)
Posted by ZERO at 2013年11月06日 09:22
クワトロさん、コンニチワ^^

進化・覚醒のスピードが素晴らしいですね♪(拍手喝采)

ワタシは服なら自分の気に入った服装の人(映画・アニメ・町とか)
を参考に通販とかで揃えていったりしますよ。笑

自分のカッコイイと思う服装を追求するのも内観に似てる気がします。


閣下はリストバンドが似合っててカッコイイな〜って思ってますよ☆^^
Posted by 総裁☆越楠公 at 2013年11月06日 13:08
ZEROさん、総裁さん、コメント有難うございます。ちょい長文になります、すみません。


>コンビニくらいは行けてたんですか^^

→僕の住む地区はさほど都会ではなく、若い人が賑わう場所も無いし、道行く人も服装とかにあんまり気を使ってない感じなので比較的自分が浮かないのでなんとかうろつく事が出来るのです。

僕が都会とかに住んでいたらまずコンビニ行く事すら無理だったでしょう。

あと「どこそこに行こう」というよりは、ずーっとひきこもって働いてない現実や家族と顔を合わせるのが超苦痛でそこから逃げたくて外に出ていたという感じです。

だからひきこもりと言っても外に行く頻度は多かったのです。

しかし嫌々外に出ていましたし、気弱で自意識が超強いので外をうろついていても生きた心地はしていませんでした、すぐ近くの漫画喫茶にいりびたる位しか行く場所のあても無かったですし。

外にも家にも安らぎが全くありませんでした。

全部自分のせいなんですけどね、ひたすらビクビクしてました。


ですがアラ不思議!ZEROさんのブログに辿り着き直接相談を聞いてもらってからというものみるみる元気に…!

長年ひきこもっていたのに3ヶ月でバイトに挑戦するまでになりました。


ともかく、今も自意識と服の冴えなさっぷりは治りませんが、現在はそれも「真我の計らい」としてほっぽらかしてます(笑)(←いや…浄化しなくては!)

うーん、しかし今この文章を作りながら母と口論になってしまったので「なんでやねん…」と思っています、母がめちゃめちゃ僕を否定するのでムキになって「俺はあんたの影だぞ!俺から発せられる否定的な言葉はあんたの責任だ!」と言い返してしまいました、悪想念には気をつけていたのに…くそー油断したーなんでだー。


>自分のカッコイイと思う服装を追求するのも内観に似てる気がします。

→そんな取り組み方もあるのですね。

僕は自分の自意識の強さ・汚れが「自分はダサい、周りはオシャレ」の現実を具現化しているのだと思っています。

昔から僕なりに自分の自意識に対して「誰もお前の事なんか見てないよ」と自意識を抑え込もうとしていましたがそれが返って自意識を強めてしまっていた気がします。

ですのでこれから自意識は「まぁ、いつか無くなるだろう」とのんびり浄化する事にします。

Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月06日 18:38
クワトロさん、こんにちは。

「自我は本来存在しない」と思えばいいと思います(笑)
でも「見られている」という意識を持つ事は良いと思います^^
Posted by ZERO at 2013年11月10日 16:05
何故ですか?
Posted by クワトロ・アープ at 2013年11月10日 17:28
クワトロさん、こんにちは。

それは、私がそうだからです(笑)
そこで少し考えてみたのですが、
そのことについては改めて記事にしたいと思います。
なかなか、ナイスな質問だと思います。
Posted by ZERO at 2013年11月16日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]