2013年11月04日

私を億万長者にした宇宙瞑想

私が27歳の時に「天人合一」を体験する半年前、
知花敏彦氏の本を買って、読んでいるだけで
天人合一しそうな感覚になったということを書いた。

1101472287.jpg

『釈迦とイエス 宇宙法則を語る』という本だったと思うが、
「私は個人ですという人は嘘つきです。汝、嘘をつくなかれです」
ということが書かれていた(笑)

また、集合的無意識を大海に喩えて、
波打ち際の水しぶきの一滴が人間で、
本来の自分は大海だということが書かれていた。

また、水蒸気(気体)が冷えて雨(液体)になり、
それが冷え固まって氷(個体)になったのが人間で、
バイブレーションが高くなると氷が溶けて水蒸気となり、
天に還るという表現もされていた。

また、肉体を含めて物質は原子と電子で出来ていて、
肉体(物質)という実体は実在ではなく、
空間と同じものだということが説かれていた。

これは先端科学の量子論が解明していることだが、
『般若心経』の「色即是空」も同じ意味であり、
生長の家の教えでもあるので昔から知識は持っていた。

101222_0250_01.jpg

その延長で、万物は境界線のないエネルギーであり、
宇宙には1つの意識しか存在しないというようなことが、
延々と繰り返し書かれていて、その気になってきた。

また、「われ神なり」「われエネルギーなり」の境地を高め、
バイブレーションを高めると肉体が消滅すると書かれていた。

即ち「アセンション」のことだが、
伝説のヒマラヤ聖者は自由自在にそれを行なっている。

隈本確の神霊術でも、最初に「われ最高の神なり」と、
胸の中で静かに繰り返し唱えることが指導されている。

DSC_4147,.jpg

さて、その本を読む少し前に、私は株式会社ウインディ社長・
吉永克彦氏の著書『俺が君を“お金持ち”にしてやる』
という本を読んでいた。

その中には、次のように書かれていた↓

はじめに

経験も資金もコネもなく、億万長者に縁もなかった私が、
なぜ億万長者という現在の地位を築けたのか。
それは、奇跡でもなく、人一倍努力した訳でもないのです。
私を億万長者に導いた原動力は、
宇宙エネルギーと私自身の中にあった潜在能力だったのです。
秘められた自らの意識を引き出し、宇宙意識に注ぎ込むことで、
現実に億万の富を、簡単に得ることができた私自身が語る
誰もが“お金持ち”になれる方法。
それをこの本で、あなたにお教えしましょう。


137654014989513228762_cosmo_03.gif

すべてを創造した宇宙エネルギー

宇宙意識が万物を創生する時に使われたのが宇宙エネルギーです。
ナポレオン・ヒル博士も、著書『成功哲学』で
「人間は目に見えない力に支配されている」と記述しています。

ナポレオン・ヒル博士は「この目に見えない力が、すべての食物、
すべての衣服をはじめポケットの中の銀貨までをも生み出している」
と書いています。

また心理学者ユングは、
「私たちの肉体は宇宙全体の情報を内部に宿している。
第一に、物事には統一性が存在し、各々の物事はそれ自体と一体をなし、
それ自体から成り立ち、それ自体と結合している。
第二の統一性においては、ある生物が他の生物とともに結び合わされて、
この世界の各部分が一つの世界を形成している。
第三の最も重要な統一性は、宇宙全体が人間と一体となっていることである」
と、その自伝で説いています。


転載終了。

auma.jpg

つまり、万物を創造した宇宙エネルギー、
宇宙意識は自分の内側にあり、
自分と宇宙は一体だと説いているのだ。

それでは続きを見ていこう↓

アルファ波を出すために必要な音楽と呼吸法

音楽を聴くことがアルファ波にとって良いといっても、
すべての音楽が良い訳ではありません。
あくまで自然や宇宙空間、
解放をイメージさせる音楽でなければなりません。

また音楽を聴いて癒されているだけでは、あなたの願望は、
宇宙意識と融合して宇宙エネルギーを使うことはできません。

私自身ビジネスをスタートした時、
他人は到底信じてくれなかった3つの願望を達成させるため、
本格的に宇宙意識と融合する音楽にこだわりました。

まずヘッドフォンは気密性の高い特殊なものを使用し、
音楽は最初にリラックスがあり、その後宇宙をイメージでき、
自分が宇宙空間に漂い宇宙意識と融合し、
宇宙エネルギーを受けられる状態になれる音楽を聴き、
さらに自分が過去から解放され新しい無限のエネルギーを
受け取った感覚が味わえるものにこだわり聞き続けていました。

そこで重要になることがもう1つあります。
それは、宇宙意識と融合するときの呼吸法です。
生存するだけなら酸素の吸引は普通の胸式呼吸でいいのですが、
宇宙エネルギーを取り入れる場合、それらは極超微粒子のため、
精神集中した丹田式呼吸法を行う必要があるのです。

丹田式呼吸法とは、鼻からゆっくり息を吸い込み、
へその少し下のお腹に息を貯め、お腹を膨らませたあと、
少しの間息を止め、さらにゆっくり口から吐き出す呼吸法です。
これを20〜30分行うと細胞が活性化され、
宇宙エネルギーを非常に受け取りやすい状態になります。

私の場合この方法を始めて3ヶ月余りで不思議な体験をしました。
それは、音楽を聴き丹田式呼吸法をしているときに
自分の身体から意識が離れ、
宇宙を浮遊しているような感覚になったのです。

その感覚を体験してから、周囲から不可能と思われていた願望が
次々と現実のものになったのです。
これであなたも宇宙意識や宇宙エネルギーについて理解し、
宇宙の神秘を感じられたことでしょう。
宇宙意識とあなたの意識が
深層心理では一つであることも理解されたでしょう。


転載終了。

eb6edbeb33bd6d9bea537d01c3ba12492b1b968a_79_2_9_2.jpg

私は「アルファシータ」や「ESPテープ」を
聴きながら行なっていたが、
テンポ116の「つきを呼ぶ音楽」などでも良いし、
無音でも構わない。

まず、それらをヘッドフォンで聴きながら、
強烈な丹田呼吸である「肥田式腹式呼吸法」を3回行い、
私は熟練しているので、それだけで思考停止に近い状態になる。

そして、胸に意識を集中して「われ最高の神なり」を唱え、
胸の大宇宙に入って行く「体術」を行っていた。

更に、吉永氏が言うように宇宙に自分が漂っていて、
知花氏が言うように自分の肉体を分解して気化し、
宇宙と融合するイメージングを半年間ほど続けた。

それが私の「宇宙瞑想」である。

b1_take%20off.jpg

「自分が過去から解放され新しい無限のエネルギーを
受け取った感覚が味わえるものにこだわり聞き続けていました」
とのことだが、私は既に過去から解放されて成仏していた。

潜在意識の浄化は簡単に終わるものではないので、
とりあえず宇宙瞑想する時にはネガティブな感情を解放し、
リラックスして穏やかで平和な心境を作ることである。

吉永氏は、「3ヶ月余りで自分の身体から意識が離れ、
宇宙を浮遊しているような感覚になった」と述べているが、
これは一種の体外離脱で、
宇宙を浮遊している感覚という時点では、
まだ宇宙との一体化である「天人合一」には到達していない。

私も半年間の間に、宇宙を浮遊する感覚は何度も味わったが、
吉永氏との違いは、私は「体術」による内宇宙への探訪だったので、
体外離脱をすることはなく、本質的な「天人合一」への旅だった。

そして約半年後、20日間に及ぶ断食を余儀なくされ、
四六時中「宇宙瞑想」を続けた結果、
明確な宇宙即我を実感する「天人合一」を体験したのだった。

astral2.jpg

吉永氏は、宇宙を浮遊する感覚を体験しただけで、
不可能と思われていた願望が次々と現実のものになったという。

宇宙エネルギーの作用によって、それは十分ありえることだが、
それによって「天人合一」や「真我覚醒」に至るものではない。

吉永氏はナポレオン・ヒルと同じく、目標や願望を明確に持ち、
それを実現させる信念を持つことを説いている。

それに宇宙エネルギーが干渉すれば願いは叶うが、
それは4次元の信念体系領域のエネルギーであり、
輪廻を解脱することは出来ず、当然ながら
「天人合一」や「真我覚醒」とは全く異なるメソッドである。

願望を持って瞑想することを、
禅の用語では「餓鬼禅」と呼び、魔に通じると言われている。

CA337040-43697-thumbnail2-03b65-thumbnail2-b4eda-thumbnail2-b2b00.jpg

当時、私もビジネスの第一線を突っ走り、
ナポレオン・ヒルの成功哲学をバイブルにして成功していた。

従って、明確な目標や願望を持ち、信念を持ってはいたが、
私は政木和三氏が啓示で受けた高次元の成功法則も取り入れていた。

即ち、目標や願望を明確にして、
過去完了形で「実現した」という信念を持って、
それを忘れて手放すのである。

あらゆる夢や目標、願望や欲望、そして執着を捨てなければ、
意識進化(自我の消滅)への道を進むことはできないのだ。

私は夢や目標や願望が実現したことを過去完了形で決定した上で、
純粋に「天人合一」を目的とした宇宙瞑想を行なっていた。

c58b5d95.jpg

ちなみに、宇宙瞑想はあくまでもイメージングだが、
実際に、宇宙空間から地球を眺めている経験を度々していた。

但し、それは高次の至高体験とは限らず、
幽体の状態だったら4次元体験、
霊体の状態だったら5次元体験である。

霊体は半透明で柔らかな白い光を放っているが、
次元の低い霊能者の霊視では、
姿が見えない程の強烈な白光体に見えるようである。

私が初めて宇宙から地球を眺めたのはオーストラリア留学中だった。
当時も金縛りは毎日で、その延長で体外離脱も頻繁にしていた。

金縛りとは別に、睡眠時無呼吸症にも苦しめられていたのだが、
ある時、宇宙から地球を眺めていて「綺麗だなぁ」と感動していた。
恐らく、というかほぼ間違いなく、この時は幽体だったはずである。

ed71d2acc895fe5077f2c53b06631a37.jpg

すると、どこからともなく標準語で
落ち着いた美しい女性の声が聞こえてきた。

「息を止めれば楽になれるよ」

これは夢ではなく現実だったが、私は地球を眺めながら考えた。

息を止めれば楽になれる……
息を止めれば楽になれる……
息を止めれば楽になれる……

「息を止めたら死ぬやんけ!
楽になるってそうゆうことかい!」

と思った瞬間、肉体に意識が戻り、
呼吸が止まっていて苦しかったので必死で息を吸い込んだ。

img_216346_46518259_0.jpg

地球が青いということがまだ分からなかった時代、
ユングも体外離脱で宇宙から青い地球を眺める体験をしている。

それが4次元体験だったとしても、
意識に変容をもたらす神秘体験であることは間違いない。

3次元体験でも大きな意識の変容が起こることは、
アポロ宇宙飛行士たちの体験談を読めば分かる。

1.アポロ宇宙飛行士が遭遇したサンタ・クロース
http://mujaki666.seesaa.net/article/125255861.html
2.エド・ギプソンの神秘体験
http://mujaki666.seesaa.net/article/125256220.html
3.ジム・アーウィンの神秘体験
http://mujaki666.seesaa.net/article/125257708.html
4.ジーン・サーナンの神秘体験
http://mujaki666.seesaa.net/article/125258687.html
5.ジェリー・カーの神秘体験
http://mujaki666.seesaa.net/article/125259637.html
6.エド・ミッシェルの神秘体験
http://mujaki666.seesaa.net/article/125262035.html
7.ラッセル・シュワイカートの神秘体験
http://mujaki666.seesaa.net/article/125262276.html

20090109_3-01b.jpg

普通はなかなかそのような体験はできないので、
イメージングで擬似体験をするのも良いだろう。
というよりも、それが「宇宙瞑想」なのである。

イメージングが出来ない人は、
最初は単なる想像や空想になるかも知れないが、
それでも共時性が働いて、
ある種の現実を体験していることになるのだ。

何かを想像しながら寝ると、
それが夢になった経験をしたことがある人も多いと思う。
それが明晰夢なら、瞑想中に視るヴィジョンと紙一重であり、
それはこの3次元よりも現実に近い世界と言えるのである。

それと同様に、体術によって宇宙瞑想をし、
睡眠の一歩手前の「覚醒シータ波」を維持できるようになると、
イメージが明確なヴィジョンとして映し出されることになる。

肉体に意識があることを自覚している間は、
それは明晰夢と紙一重の状態だが、
そこから体外離脱や体内離脱をした場合は
肉体意識が完全に消滅して、
宇宙空間に漂っていることは現実そのものとなる。

bh0.jpg

外側と内側は表裏一体で、体外離脱をして霊界に行っても、
それがいつの間にか明晰夢になっていることがある。
もりけん氏は体内離脱をしたのに、
肉体の外側から戻ってきたことがあるという。

従って、外側か内側かはあまりこだわる必要はないが、
ここでは「体術」の話をしているので、
あくまでも「内側」であることを認識して頂きたい。

それが「真我覚醒」を加速させることになるからである。

但し、肉体の内側の大宇宙に入ってしまえば、
そこにいる自分にとっては、肉体の内側は
「自分の外側」という認識に変わるのは当然のことである。

それが「天人合一」に至る前段階の、
「現実に宇宙空間を浮遊している状態」なのだが、
宇宙瞑想だけで天人合一できるかというと何とも言えない。

私は最終的に約20日間の断食を余儀なくされたが、
もりけん氏もこの「天人合一」に至る仙人修行で、
特定の生野菜を少し食べるだけの厳格な食事だったという。

もりけん氏の場合は僅か10日で天人合一に至ったそうだが、
それは道教の導師の指導のもとで行なったからだろう。

hadou7.jpg

さて、『俺が君を“お金持ち”にしてやる』は、
宇宙瞑想によって億万長者になるという趣旨だが、
吉永氏のお金に対する考え方を見てみよう↓

お金に対するプラスイメージを持つ

あなたは、お金にどのようなイメージを持っていますか?
お金は汚いとか人を変えるというイメージを持っていませんか?
自分の心に問い掛けて下さい。もし嫌なイメージが浮かんだら、
そのイメージをさっさと消し去ることです。
お金は決して汚いものではないのです。
使い方、儲け方が大切なのです。

私が添乗員時代、海外でのオプショナルツアーを企画し、
お客様に販売して儲けていた時、多くの仲間から
「あいつは金儲けばかり考えている」と言われました。
しかし私は、お客様も喜び、私も儲かり、
良いことをしていると考えていたのです。
五年後、私は億万長者になり、彼らは未だ日雇いの
不満だらけの添乗員人生を送っていたのは紛れもない事実です。

お金がなければ、子供を養うことも老後を楽しく過ごすこともできません。
お金がなければ世界中の飢餓に苦しむ子供達を救うこともできないのです。
だから、あなたは、お金は素晴らしいものであると信じて下さい。
あなたが、悪になるか善になるかは、
あなたがお金持ちになってから考えれば良いのです。

この本に書いた原理を使って、お金に支配される立場ではなく、
お金を自由に使える立場になれば、お金に対する考え方は必ず変わります。
この原理を使ってお金を自由に使う立場になったあなたを想像して下さい。
最初はブランド物を買いあさっているかも知れません。
高級車を乗り回して、自慢気なあなたがいるかも知れません。
人から嫌な奴と思われるでしょう。それでも気にすることはないのです。

人の考えなんて、すぐに風向きが変わることを知っておいて下さい。
散々贅沢をしたあなたは、欲しい物がなくなり、
お金を慈善事業に寄付するかも知れません。
そのとき人はあなたを立派な人と評価するのです。
人の考えなんて勝手なものなのです。
お金持ちと貧乏人とでは、世の中の見え方、感じ方が違うのです。

貧困は人々の考え方の柔軟性を奪ってしまい、
その人の夢まで貧しくさせてしまいます。
あなたはここで大切なものを手に入れなければなりません。
お金に対するプラスイメージと成功を
あなたの考えの中で一つのものにしなければなりません。


mig.jpg

初めて「天人合一」を体験することによって、
とりあえずの達成感のようなものを得た私は、
目前に迫っている名古屋移住に向けて、
現実の生活に戻らなければならなかった。
(真我からすれば、この世は夢だが……)

で、何か振り込まれていないか通帳記入に行った。
まず、郵便局のATMに通帳を入れると、
ジーチキチキ ジーチキチキ ジーチキチキ……

何か振り込まれていると思ったら、
何かのコミッションで5万円ほど振り込まれていたが、
その後に「差し押さえ」で、全額やられていた(笑)

次に銀行のATMに行くと、私の個人名の通帳に、
名も知らぬ人物から20万円ほど振り込まれていた。

会社の通帳ならそれも有り得るが、私の名義の口座に
名前も知らない個人から大金が振り込まれるなど有り得ない。
有り得ないが、現実に有り得ていたのだった。
(この世は夢だが……笑)

PF_26122010145324457.jpg

結局、誰が何の目的で振り込んだのかは謎のままだが、
銀行から「手違いのため返金してくれ」と言われたら嫌なので、
神様からの贈り物だと思って各種支払いと引越資金に使った(笑)

その2年程前、友人に20万円を貸して踏み倒されていたので、
やはり金は天下の回り物だと思った。

そして、某大企業の関連会社の子会社の社長になる手筈で、
私は名古屋に向かったのだった。

厳密に言うと、最初から子会社として展開するのではなく、
その関連会社の事業部としてスタートし、
私は事業部長という肩書きだったが、
何の契約も交わしていなかったので、
私は役員でも社員でもなくアルバイトでもなかった。

つまり、初めからハメられていて、
会社の再生の為に私を利用するだけ利用して、
タダ働きをさせて使い捨てにする計画だったようである。

024-f4463-thumbnail.jpg

もちろん、それも「必要・必然・ベスト」で、
見通しの神が仕組んだシナリオであることは明確である。

そして、その数ヶ月後に私は億万長者になった。
個人資産は億には到達していないが、
それは第二弾で世界展開する為に一時休業したからである。

だが、それは不発に終わってしまった。
その後、数千万円単位のお金は動かしていたが、
最終的には巨額の負債を抱えることになった。

もちろん、それも「必要・必然・ベスト」で、
見通しの神が仕組んだシナリオであることは明確である。

私は天人合一で自分と宇宙の一体性を認識したが、
人間としての私はハイヤーセルフに動かされている存在であり、
自我の自由意志で思い通りの人生を歩む権利はないのである。

20111123_2181060.png

初めての天人合一を体験してから5年後、
私は真我の覚醒に至ったことを実感したのだが、
その間、金銭や恋愛や人間関係で様々な体験を重ね、
不食や微食をしながら瞑想や内観などの修行を続け、
特殊な神秘体験を繰り返した末に、
地球と人類の救済の為に命を捨てる決意をし、
その1年後に真我の覚醒を自覚したのだった。

後年、以下のような話を知った。
(『ホワイト・イーグルの霊示』訳者あとがき)

『初級イニシエーション
(魂が一段一段と目を覚まして進歩の階段を上ること)
は、「生活の中での一つひとつの気づき」です。
つまり、「人は神の子」「愛と奉仕が人間の道」という真理に
一歩一歩目を開いていくことです。
上級イニシエーションは、人生の大きな転機の中で、
「自分を捨てて地球(宇宙)進化のために全面的に献身する」
という決断から始まります。
人はこの決断をするならば、一つの人生の中で
幾段階ものイニシエーションの階段が上れると教えています。
すなわち、一生涯で釈迦やイエス・キリストに近いところまで
上れるのだと断言してくれているのです』


また、シルバー・バーチによると、
それが「スピリチュアリズム」の原点だという。

ホワイト・イーグルの霊示と獣の愛
http://new-mu.seesaa.net/article/310382634.html
自己放棄と新たな太陽系の創造
http://new-mu.seesaa.net/article/310590694.html
宗教破壊と悪魔崇拝とスピリチュアリズムの原点
http://new-mu.seesaa.net/article/375969191.html

AC2.jpg

私の「人類の救済事業」には莫大な資金が必要で、
いわゆる「闇の権力」に対抗するものである。

もちろん、「闇の権力」も私の投影であり、
私は大調和の光によって抱き参らせているが、
人間界に於いては愛ゆえに命を賭して戦う必要がある。

だが、彼らは水面下で文明転換のシフトを始めており、
私のブレーンがその人脈とのパイプを深めており、
「イシヤと手組むことぞ」という日月神示の通りに展開し、
私の思い通りに進行しつつあることは確かである。

私はこの6年間ほど、携帯代が払えるかどうか……
というような極貧生活を余儀なくされているが、
もちろん、それも「必要・必然・ベスト」で、
見通しの神が仕組んだシナリオであることは明確である。

お金は道具として必要な時に必要なだけ必要だが、
私は基本的にお金に対する欲望や執着がなくなり、
お金がないことに苦痛を感じることがなくなった。

o0400028910325375628.gif

私はまだ自由自在性を発揮できておらず、
決して理想の生活だとは言えない。

自我では決して、自由自在で理想の生活で幸福だとは思えないが、
真我の意識は至福であり、それが自我にも伝わってくるので、
私はいつも至福感に満たされているのだ。

故に、自我の考えを捨てて、
見通しの神であるハイヤーセルフの声なきメッセージ
(直感)に従い、流れに任せるだけである。

内観をすれば、「全ては必然・必要・ベスト」
であるということを理解して実感することができる。

そうであれば、自由自在で理想の生活ではなくても、
その現在を肯定して感謝することが大切なのだ。

0009g.jpg

『日月神示』には次のように示されている。

「何事に向かっても先ず感謝せよ。有り難いと思え。
初めは真似事でもよいぞ。結構と思へ。幸と思へ。
そこに神の力、加わるぞ。道は感謝からぞ。
不足申せば不足うつるぞ。心のままとくどう申してあろうが」

「現在を祝福することは過去を、未来を、総てを祝福することぞ。
たとへ如何なる現在も、その現在を祝福せねばならん。
喜びせねばならん。喜び元と申してあろうがな」


どれだけ感謝できないような状況であっても、
まずは現状を肯定して感謝することが原点であり、
ひたすら「ホ・オポノポノ」を唱える習慣をつけると良い。

想いが言葉となり、言葉が現実化するだけではなく、
言葉が想いに影響を与えるというベクトルも存在し、
思えないことでも言葉によって感謝できるようになる。

その全肯定の感謝の想いも「天人合一」には必要で、
さもなくば宇宙と融合して一体化することはできない。

px430_02.jpg

実相の世界に於いては、自分は宇宙と一体の存在であり、
宇宙を創造して万物を生み出したエネルギーそのものである。

故に、自分という存在は、
「無限億万長者である」と思い切ることが大切である。
また、それを体感するのが「天人合一」だと言えるだろう。

即ち、「億万長者になりたい」という欲望ではなく、
「自分は宇宙の無限の富と一体であると同時に、
自分の肉体がその大宇宙を包含している」という認識で、
それが真の意味での豊かさの獲得なのだ。

私のような例外もあるが、
天人合一を体験すれば人間界の自分に反映され、
物心ともに豊かで自由自在な人生になるのが普通である。

吉永氏のレベルの体験でさえ、
金銭面・物質面での豊かさを獲得している。

汝は無限億万長者である!
http://messiah666.seesaa.net/article/234100636.html

101.jpg

だが、内観を怠って金銭や物質に囚われ、
欲望や執着や慢心を持つと元の木阿弥なので注意を要する。

自由自在な億万長者とはどういうものか、
内海康満氏の話と私の見解をお読み頂きたい↓

お金の本質はエネルギーである
http://new-mu.seesaa.net/article/374886169.html
お金の性質と鉄則と金星のエネルギー
http://new-mu.seesaa.net/article/374964816.html
スピリチュアルと金銭の話
http://new-mu.seesaa.net/article/375016484.html

11293299.jpg

私が27歳で初めて体験した「天人合一」から、
32歳で「真我覚醒」に至った経緯は改めて書く予定である。

天人合一を「6次元の真我覚醒」とも表現できるが、
説明が複雑になるのでそのような表記はしない。

「真我覚醒」は5次元の霊体の目覚めで、
「天人合一」は6次元の魂の目覚めなので、
私の体験は順序が逆だと思うかも知れないが、
決してそんなことはない。

「真我覚醒」は5次元の霊体意識の覚醒で、
自分と他者は分離しているが、
本質的に「自他一体」であることを認識しており、
その意識で人間界に生きている者を「真我覚醒者」という。

真我に目覚めていないのは「自我覚醒者」なので、
単なる「覚醒者」という言葉ではどちらか分からない。

というより、真我覚醒者も普段は自我も覚醒しているので、
真我(魂)と自我(肉体意識)が半々で覚醒した状態で、
真我を主体として生きているのが「真我覚醒者」なのだ。

CREATING-A-GOD.jpg

さて、6次元の「天人合一」では、
自分の霊体が消滅して宇宙空間に同化してしまうが、
人間界で生活しながらそのような意識状態になれるわけがなく、
あくまでも瞑想中の至高体験に過ぎないのである。

もし、「私の意識レベルは6次元である」という人がいたら、
その人の肉体は人間界から消滅しているはずだ。

また、5次元の意識レベルである「真我覚醒」にしても、
この世は真我が見ている夢のようなものなので、
真我が完全に覚醒すれば肉体が消滅することになる。

それが「アセンション」だが、人間界に生きているということは、
真我が完全に覚醒しているわけではなく、
夢から覚めかけて明晰夢を見ている「半覚醒」の状態だと言える。

img_559692_8223600_6-08eeb.jpg

瞑想中に5次元の世界に行ったり、
6次元の天人合一を体験している時は、
自我が完全に消滅して5次元や6次元の意識
(真我)が完全に覚醒している状態である。

その時、肉体は消滅しているのだろうか……。
常識では考えにくいが、それは有り得る話である。

以前の私は毎日、長時間の瞑想をしていて部屋から出てくると、
「どこに行ってたん?」と聖母に聞かれることが度々あった。

私が「ずっと部屋にいた」と答えると、
「ずっと部屋から出て来ないし、
呼んでも返事がないから見に行ったけど居なかったよ」
と言われたことが何度かあったことを思い出した。

昼間なので、暗くて見えなかったということは有り得ない。


にほんブログ村
posted by ZERO at 12:00| Comment(2) | 呼吸法・瞑想法・言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゼロさんメール見てくれてますか?


ひとことでもたまにはお返事くれたらうれしいです。


昨日宇宙瞑想しながら寝たら明晰夢を見ましたよ。


ゼロさんがあたしにに微笑んでいたんだけどあたしはそれが夢ってわかりながら見てて、夢は霊界なのになんでゼロさんがいるんだろうって思ってました。


風景とかはあんまり覚えてないんだけど珍しい建物がある牧場か公園みたいなとこで、近くにほかの人はいなくてゼロさんだけがあたしの近くにいました。


ゼロさんは昨日夢の中で二十代ぐらいのおにゃのこに微笑んだ記憶とかありますか?


でもゼロさんの髪は長くて今とはちがいました。



Posted by mic at 2013年11月05日 16:36
micさん、こんにちは。

メールまだ見てないのもあるかもですが、
何件か送って頂いたのは拝見しましたが、
返事に時間がかかりそうな内容なので
まだ返信していませんでした。

今日から1週間ほど超多忙になるので、
最短で1週間後になると思います(謝)
ひとことでよければ後ほどメールします(笑)

今夜も何件か記事を載せると思いますが、
それは既に完成して保存している記事で、
おそらくマン喫からUPすることになると思います。

宇宙瞑想で明晰夢を見ましたか^^
昨日は私はもっと奇妙な夢を見ました(笑)
私の夢を見るという人が多いですね。
さっきも携帯を見ると、私の夢を見たという人がいました。
その人は私からの返信が
どれだけ遅くても怒らないと言ってくれています。
みんなにそう言って頂けると有り難いのですが……^^;
Posted by ZERO at 2013年11月06日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]