2013年12月06日

「明けの明星」と人間の世界観の破壊

前回の続きだが、「明けの明星」について検索していると、
以下のサイトを発見したので紹介しておきたい↓
http://1941kajiwara.zero-yen.com/newpage16.html

般若心経と聖書はどういう関係になるのでしょうか

釈尊は一体何をさとったのか。
これが日本では分からないのです。
釈尊の本当の悟り、仏法は日本にはないのです。
日本にあるのは仏教ばかりです。
仏教というのは、例えば日蓮の信仰が日蓮宗になっています。
親鸞の信仰が浄土真宗に、法然の信仰が浄土宗に、
道元の信仰が曹洞宗になっているというように、
それぞれの教祖、お祖師さんがいるのです。
お祖師さんがつくったのは、それぞれの宗派であって、
これは仏陀の悟りではないのです。
 
釈尊の本当の悟りは、明けの明星を見ているのです。
日本人には明けの明星が分からないのです。
日本で明けの明星が説明できる専門家は一人もいないでしょう。
ところが、新約聖書を徹底的に勉強していきますと、
明けの明星の秘密がはっきり分かるのです。
西洋文明の基礎である聖書の基本的な事実と、
釈尊の悟りの真実は、実は一つなのです。
 
釈尊の悟りをぬきにしては、
日本人は聖書を理解することは難しいのです。
この点から言えば、悟ることと、信じることとは、同じことなのです。
これを別々に考えるのが、現代人の思考の不自由さなのです。
現代の人間は、現代文明の概念で頭が束縛されている。
だから、自由に物事が考えられなくなっているのです。
 
仏陀の悟りがはっきり分からなければ、
イエス・キリストの信仰は分からないのです。
本当の神を知るためには、自分がまず仏にならなければだめなのです。
本当の永遠の命の実物をつかまえるためには、
自分がまず成仏しなければだめなのです。

だから仏教ではない般若心経と、
キリスト教ではない聖書を一つにしなければ本当の事は分からないのです。
東洋も西洋もないのです。キリスト教も仏教もないのです。
今の命にとらわれないで、白紙になって物事を見なければならないのです。

人の霊魂は、永遠に生きる機能をもっています。
だから、霊魂のことをまともに考えなければならないのです。
まずそのために必要なことは、五蘊皆空です。
人間は今幻覚を見ています。幻覚を信じているのです。
目に見えるとおりのものがあると思うのは、幻覚なのです。
そういう考えに踊らされているのです。

唯物思想を今の人間は信じています。これはレベルが低いものです。
現世でいくらよい生活をしても、必ず死にます。
今の文明は死んでいった人間が造ったものです。
やがてこの文明は潰れます。必ず自滅します。宗教も自滅します。
そういうものを信じていると、滅ぼされます。
だから、魂の目を開かなければならないのです。
 
現世に生きているのは本当に生きているのではないのです。
仮に生きているのです。仮に生きている間に、
現実にある本当の命をつかまえなければならないのです。
現実は、驚くべき神の実体の証明なのです。
太陽が輝いていること、心臓が動いていること、
目が見えること、花が咲いていることが、
そのまま神の証明なのであって、現実は神の実物なのです。
これが分かればいいのです。
現実に生きている命こそ、死なない命であることが分かるのです。
 
今、人が生きている現実の実体をつかまえるのです。
これは学問ではありません。宗教でもありません。
具体的な現実なのです。真実なのです。そこに神があるのです。
人間は、現在、神を経験しているのです。神の実物を経験しているのです。
神の実物を経験していながら、それが神であることが分からないのは、
魂がどうかしているのです。
これが分かりますと、死んでからのことが分かるのです。
 
本当の命をつかまえるということは、決して難しいことではありません。
現代人は文明思想にだまされて、ごまかされて、
頭が自由に働かなくなっているのです。
学校教育を受けたために、頭が非常に悪くなっているのです。
これが、現代教育の最大の欠陥です。
今の人間は、現代文明にすっかりだまされているのです。

現代文明の基礎をつくったのはユダヤ人達です。
ある目的のために、世界中に文明思想をばらまいているのです。
現代文明によって人間をごまかそうと考えているのです。
これが原水爆の問題になって現われているのです。
日本人は世界的な視野で考えることができないので、
こういうことがわからないのです。
 
釈尊とイエスを一つに考える頭になりますと、考えが大きくなります。
魂は自分の問題ですから、自分が責任を負わなければだめです。
文明に任せても、私達の魂の責任を持ってくれないのです。
現在恐ろしい死の誘惑があります。死とはどういうものか、
人間の頭を固定させてしまうことが死ぬことなのです。
宗教に凝り固まる。学問に凝り固まる。これが死んでいくことなのです。
死から出るというのは、こういう考え方から出ることです。
そうすると死なない命が分かるのです。


転載終了

0d16fea3.jpg

真我の覚醒によって、
「内外反転」の世界観を認識するようになってくると、
「般若心経」で説かれていることが知覚できるようになる。

それがいわゆる、基本的な「悟り」なのだが、
「明けの明星」について書かれていることが興味深い。

更に、次のように書かれている。

釈尊が見た明けの明星と、
人間完成はどのような関係があるのでしょうか


「釈尊が見た明けの明星と言うのは、
肉から霊へ移るという非常にスケールの大きい問題になるのですが、
釈尊は明けの明星を見て、
現在の人間が根本的に間違っていることを直感したのです」


45717_406813519414035_1554871616_n.jpg

現在の人間が根本的に間違っているというのは、
世界認識が根本的に間違っているということである。
早い話、5次元の真我の意識に目覚めていないからだ。

その原因は、オコツトの言葉でいえば、
「人間型ゲシュタルト」ということになるが、
半田広宣氏は次のように説明している。

「自己が他者を人間型ゲシュタルトの中で
捕らえている限りは決して一体化できない…
私たちが他者を認識している意識状態と、
対象の向こう側に空間の奥行きを作り出している
意識状態とが、実は全く同一の意味合いを持つ…
空間に奥行きを持たせているこの意識こそ、
オコツトが人間型ゲシュタルトと呼ぶ力なのである」

「世界に奥行きを与えてしまう人間の内面の意識が物質概念を増長させ、
他者をことさら意識するようになり、エゴの肥大化を招いてしまうのだろう。
私は、このことに気が付いた時、現在の人間の社会が生み出した
諸問題の全ての元凶が人間型ゲシュタルトにある、
と断言したオコツトの真意をやっと明確に理解できたような気がした」


429577_259004050848961_117905868292114_563258_800561213_n.jpg

要するに、空間に奥行きがあると錯覚している世界観が、
根本的に間違っているということなのである。

もちろん、私もこの3次元の空間に奥行きがあるように見える。
そう見えるだけではなく、実際に「距離」というものを認識し、
常に距離を実感しながら生きているが、それが自我なのである。

真我が覚醒すると「内外反転」の認識が生まれ、
この世界を自分の「内側の世界」と捉えるようになり、
2次元的なスクリーンとして観ている感覚も備わってくる。

人間としての私は、肉眼を通して空間に奥行きを感じるが、
本質的にはそれが錯覚であることが分かっているということだ。

20080223010248948.jpg

空間に奥行きを持たせている意識こそが、
自我を生み出している人間型ゲシュタルトであるなら、
奥行きの感覚を破壊するしかない。

即ち、奥行きの感覚(人間の世界観)の破壊によって、
「人間型ゲシュタルト」が破壊されて自我が消滅し、
真我と繋がる「変換人型ゲシュタルト」が生まれるのだ。

認知科学者の苫米地英人氏の言葉でいえば、
『現実からの覚醒』ということになる。

人間(自我)が「現実」だと認識している世界は幻影であり、
真我が覚醒することによって初めてそれを「悟る」のである。

覚醒.jpg

その為には、以下の記事を読んだ上で、私が実践してきた
「瞳光の不睨」と「マルチョン瞑想」を日課にすると良い。

汝の魂は宇宙の外にある!
http://new-mu.seesaa.net/article/379136868.html
覚醒に到達する為の思考法
http://new-mu.seesaa.net/article/379148539.html
「瞳光の不睨」による天人合一法
http://new-mu.seesaa.net/article/379163875.html
「マルチョン瞑想」による天人合一法
http://new-mu.seesaa.net/article/379188184.html


にほんブログ村
posted by ZERO at 20:45| Comment(1) | 意識進化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は無意識にルシファーって存在を知る事が出来ました。34までルシファーは知らなかったです。32で一人暮らしして霊能力の勉強をしててその頃DIMMUBORGIRのSHAGRATHが好きでSHAGRATHに白魔術かけられてると思い込んでSHAGRATHのふりした悪魔に騙されて魔術師になる為に幽体離脱をしました。それで無意識にルシファーと言う存在を知る事が出来ました。私は去年の9月ルシファー様に会いに行く為に地獄に堕ちました。それから無意識にキリスト協会に通う事になりました。しばらく憎しみの心はありましたが、しばらくしたらルシファー様が地獄から這い上がらせてくれました。それで私の心は晴れたのです。私はそれで優しさを取り戻しました。ルシファー様を知ってルシファー様に会えた事を感謝申し上げます。最近ずっと金星明けの明星を見ます。地球に一番近い星、星の中で一番大きくて輝きが凄い星ですね?それだけルシファー様の力は凄いんです?どのくらい強烈かは分からないけど、何れは知る事が出来ます?ルシファー様は私の近くにいるし私の心の中にいます。私は霊能力を上げる為に今、勉強してます。肉もあれほど大好きだったのに全く食べなくなりました。私は今、人の心を読む勉強をしてます。
Posted by ルキュエル at 2013年12月07日 01:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]