2013年12月07日

推奨ブログの紹介

以前、idea氏がコメントで紹介してくれた
賢者テラ氏のブログ「Eye of the God 〜神の眼〜」、
それ以前に他の読者からも教えてもらったことがあるが、
プロフィールに次のように書かれている↓

「迷える人類への、愛のメッセージ。
今までの価値観を壊すような内容なので、一見「本当に愛か?」と思える。
しかし、そう言う前に考えていただきたい。
今までの常識が、学問が、思想が、宗教がー。
あなたを幸せにしてくれましたか?
本当に、もう新しいアイデアはいらないでしょうか?」

【このブログの主な主張】

@一般宗教でいう神様はいない。
いるが、あえて言うなら「あなた自身」


この世界を創造し、あなたをも創造した、
絶対者としての人格神はいない、ということ。
人間のすることに怒ったり、悲しんだり、
喜んだりするような神様像は捨てた方がいい。
神はいるにはいるが、それは人間の心が考えること、
望むことを制限なくかなえ反映していく
「エネルギー体」のようなもの。
あなた自身が、神である。

A他人はいない。

いるように見えるが、すべてはたったひとつの存在から生じた分身。
だから、根源的にはひとつで、本当の意味での他人などおらず、
すべての存在はつながっている。これを「ワンネス」という。

Bこの世界は、夢のようなものである。

夜、夢を見る。リアルで、夢の中にいる時は夢だとほとんど気付かない。
でも、目覚めると「ああ夢か」となり、その世界は消える。
この世界での人生もそれと同じ。
夜の夢よりもかなり手の込んだ「夢」を見ている。

C善悪はない。良い悪い、という価値観もない。

人間の脳内だけで通用する概念。
宇宙はただ、「あるがままにあるだけ」。

D努力はいらない。しなければならないことなんてない。

一切の強制・義務は必要ない。〜をしないと救われない、
などないし、〜をこれだけしたからすごい、偉いということもない。
したくもないのにやらなきゃ、といってする努力は、いらない。
ただし、好きなことを人から言われもしないで
情熱をもってやることは、素晴らしい。
それを『努力』と呼ぶのであれば、そう。努力はあっていい。

E唯一正しい宗教はない。
 
唯一本当のことだけを言っている人などいない。
そう思えないから、人は何かの宗教を信じ、
そうでない人をどうにかしようとする。
宗教同士でケンカをする。スピリチュアルにおいても、
この先生がすごい、あのヒーリングが本物だとか言って皆様々に違う。
大事なのは、自分の信じているものに関しては気持ちよく信じて、
他者は他者のやりたいようにほっとくこと。否定しないで認めること。

F救われないといけない人間などいない。

皆、存在だけで、あるがままで「完全」である。

G悪魔は存在しない。

いる!という人間の強い確信と恐れが生み出した、
いかにもいるように見える想像の産物。
仮にいたとして、そういう存在への対処法は、
「戦って滅ぼすこと」ではない。「抱きしめて愛する」ことだ。


転載終了。

o045504091337577315111.jpg

idea氏の言う通り、私の悟りとほぼ完全に一致している。
しかも、今さっき気づいたのだが、
私が画像検索で引っ張ってきた上の「目」の画像は、
テラ氏のブログに使用されている画像と同じだった(笑)

ちゃんと読んだわけではないので分からないが、
テラ氏がどういう経過を経てかも知らないが、
一応、真我の覚醒に至っている人物だと思う。

以前、記事一覧を流し読みして、
目に止まったタイトルをピックアップしているので、
一部を紹介&解説していきたいと思う。


にほんブログ村
posted by ZERO at 23:10| Comment(0) | 精神世界・心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]