2014年01月06日

夢のタイムマシン

11月3日、鬼太郎神社に参拝したが、
鬼とは艮の金神(スサノオ)のことである。

余談だが、私は昔、相場ブログで
「鬼丸」というニックネームも持っていた。

そして、12月25日、花やしきでゲゲゲの鬼太郎の
妖怪JAPANラリー3D「夢のタイムマシン」を観た。

その時の記事では「非常に面白かった」とだけ書いたが、
私は明晰夢でこのような感じの夢をよく見る。

131225_1451~01.jpg

それが、生まれる前の記憶のような懐かしい気がする。
もちろん人間界の過去世ではなく、霊界での記憶のような……。

と言っても、この「夢のタイムマシン」のように、
妖怪と争ったりするようなものではないが、
何かこのような宇宙文明に生きていた気がするのだ。

そして、体感型の明晰夢をよく見るのである。
その夢の中では実際に体験していて楽しいのだが、
その度に何とも言えない懐かしさが込み上げてくる。

YouTubeで動画を見つけたので載せておきたい↓



にほんブログ村
posted by ZERO at 21:12| Comment(2) | spirituals日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は最近

「霊的な事を考えるのは現実逃避をしているのだろうか?」

とボンヤリ考えて

世間の人々は常識を信じて疑わないので

いわゆるその皆が信じて疑わない「常識」とか「普通」って何だろう?とか思って

Wikipediaで「常識」ってのを調べてみましたが

難しくてよく分かりませんでした。(←Wikipediaの情報を鵜呑みにするのは良くないのかもしれませんが…)

世間の認識では「常識」は何の根拠もなく正しいとされてるのでしょうか?

根拠はあるのですか?
Posted by クワトロ・アープ at 2014年01月07日 03:06
クワトロさん、こんにちは。

常識にも色々な常識があり、
科学的に認められていたりなど、
それなりの根拠がある常識もありますが、
その従来の科学体系も崩壊してきていますからね〜

また、一般的に「常識」と呼ばれているものは、
幼少の頃からすり込まれて
何の疑いもなく信じているものも多いと思います。

人間界で生きている以上は最低限の常識を弁えることも必要ですが、
あらゆる常識を疑ってニュートラルの状態にしていくことによって、
価値観やその他の観念などもリセットされて柔軟になっていきます。
Posted by ZERO at 2014年01月09日 01:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]