2014年01月12日

2013年「覚醒期の幕開け」と「内外反転」への意識進化

前回の記事で、もりけん氏の以下の話を紹介した↓

「心が自由になると、初めて自分の心の扉が開きます。
心が自由になると、相手の気持ちが分かります。
心の扉を開いてしまうと、その人は傷つきやすくなるでしょうか?
扉の向こうには大きな太陽がありました。
太陽を感じたとき、傷はすぐに癒やされるはずです。
自分の中にある太陽の中心点は外の世界に通じていました。
いま、関係している全ての人と繋がっているのです。
憎んでいる人、嫌いな人だって、魂同士は笑い合っているのです」


心の扉の向こうとは「肉体の内側」であり、
太陽とは「魂(真我)」のことである。

そうすると、「やはり魂は肉体に宿っているのではないか」
という疑問を持つ人が出てくると思うので説明しておこう。

101222_0256_01.jpg

上の絵は、丹波哲郎の『大霊界』という絵本の絵で、
転生前の霊人たちの姿を想像して描かれたものである。

前世の記憶を消されて昏睡状態となり、
受胎と同時に人間界に送り込まれるという。

だが、その霊人たちは5次元の自分の投影である。
お分かりだろうか……。
「本体の魂」が転生しているわけではないのだ。

転生の話はさて置き(一旦忘れて頂き)、
上の絵の透明の球体の中で昏睡している霊人を
人間の「魂」だと思って頂きたい。

その魂が見ている「夢」が、人間が生きている「世界」である。
即ち、人間の自分が今いる宇宙は、自分の魂が見ている夢なのだ。

CREATING-A-GOD.jpg

「宇宙」と「夢」というキーワードで、
『あるヨギの自叙伝』の話を思い出した↓

「夢を構成する実質は、夢を見る人の潜在意識が描く想念によって創られます。
しかし、このエネルギーを凝集する働きをする想念が、
目が覚めることによって撤退すると、夢とその構成要素は消えてしまいます。
我々は目を閉じて夢の世界を創り出しますが、目が覚めると消えてしまいます。
これは、神の創造方式と全く同じ方式によっているのです。
また同様に、人間がひとたび宇宙意識に目覚めると、
宇宙的夢であるこの物質界の幻影も自然に消えてしまうのです」


あるヨギの自叙伝(ババジ編)
http://messiah666.seesaa.net/article/228529041.html

Bee-Hive-3_H1.jpg

自分が生きている世界は、
自分が生まれたと同時に誕生し、
自分が死んだ瞬間にその世界も消滅する……
ということを度々書いていることが理解できるだろう。

半田広宣氏が「進化論を信じている人は全滅する」
という辛口トークをしていたが、
それは上記のような意味だと私は解釈している。

確かに、宇宙や地球や人類には歴史があり、
今の自分の人生はその1コマであることも事実ではあるが、
それは人間的な視点(自我)であり、そのような考え方を
「人間型ゲシュタルト思考」と呼ばれている。

e3cddba8f87e51815743de71d6cba00e_0.jpg

この世は魂(真我)が見ている夢であり、
真我に目覚めるとそのことが認識できるようになる。

つまり、自分が人間界に誕生した時に「自分の世界」が誕生し、
自分が死ぬと「自分の世界」が消滅するということが分かるのだ。

従って、「進化論を信じている人」というのは、
真我に目覚めていない人のことだと思ってよい。

まだ殆どの人が真我に目覚めていないが、
2013年から覚醒期に入っているので、
意識進化に努めていれば何も心配する必要はない。

EPSON670.jpg

また、真我が完全に覚醒しても、
自分が存在するこの世界(夢)は消滅することになるが、
他者の世界が消滅するわけではないので、
他者には自分がこの世から消滅したように見えることになる。

また、人間の数だけ宇宙が存在し、
人それぞれ異なる独自の宇宙に住んでいて、
直接的には交流していないということも、
頭では理解できるはずである。

肉体が死ぬと今の自分の世界が消滅し、
真我が完全に覚醒しても今の自分の世界が消滅する……となると、
「死ねば誰でも真我に目覚めるのか」という疑問があると思う。

だが、残念ながらそうではない。
真我(魂)が目覚めていない人が死ぬと、
4次元の幽体意識が目覚めるだけである。

従って、死んで幽体離脱をしても、この世は依然と存在し、
そこに自分の亡骸を見ることもできる。

8d90da45.jpg

「死んでも自分が生きていた世界は消滅していないではないか」
という反論があると思うが、それに対する解答には困る(笑)

理論的に考えると、肉体が死ぬと肉体意識が消滅し、
肉体の自分にとっては自分の世界が消滅したことになる。

だが、幽体の自分には、死ぬ直前まで見ていた世界が見えていて、
その世界に幽体の自分が存在していることが確認できる。

私は死んだことはないが、幽体離脱(体外離脱)体験は
無数にしてきたので言えることである。

では、なぜ幽体離脱をしても3次元の世界が消滅しないのかというと、
恐らくだが、魂が覚醒していないからだろう。

幽体の自分も真我の投影であり、3次元の人間界と同じく、
4次元の霊界での生活も魂が見ている夢に過ぎないのだ。

20021111-thumbnail2.jpg

また、次のような疑問もあるだろう。

「真我に目覚めた覚醒者が死んで幽体離脱した場合も、
死ぬ直前まで見ていた世界が見え、
そこに幽体の自分が存在することが確認できるはずだ」

それに対しては1つ言えることがある。

私は真我に目覚めた自覚を持ってから、
滅多に幽体離脱をしなくなった。

代わって、体内離脱(インナートリップ)によって
5次元の世界を探訪するようになった。

つまり、覚醒者が死んだ場合は体外離脱をせずに、
ダイレクトに5次元の世界に直行することになるのだろう。

もちろん、完全に覚醒した人は肉体の死を経験せずに、
肉体の削除(アセンション)が起こることになる。

これを比喩的に「肉体のまま5次元に移行する」と表現するのだが、
イエス・キリストや伝説のヒマラヤ聖者なども、
そうやって地上から消滅した人々なのだ。

アセンションの意味を分かっていない人が多いようだが、
「キリストの昇天」という意味である。

bh0.jpg

さて、いま自分が生きている世界は、
魂が見ている夢の世界だということを書いてきた。

この世の人間は1人1人が異なる夢を見るが、
起きている時は共通の世界を体験している。
それは、1人1人の魂が共通の夢を見ているということになる。

もちろん、人類は1人1人が常々、別々の光景を見て、
別々の音声を聞き、別々の出来事を体験している。

複数の人間が一定時間だけ共有することはあっても、
基本的には人それぞれ異なる人生を体験している。
その意味では、各人の魂はそれぞれ異なる夢を見ていると言える。

abfece69.jpg

だが、地域や国や世界の単位で、大勢の人々が同じ出来事を目撃したり、
あるいは体験したり、情報を共有したりするということは、
一体どのように説明するのか……。

それに対する解答は簡単である。

睡眠時に見る夢の世界が潜在意識の投影であるように、
現実と呼ばれる世界も潜在意識の投影だが、
その深層では「集合的無意識」として繋がっており、
それが人類に共通する世界を投影していると考えられる。

1-8.jpg

別の言い方をすれば、5次元は4次元や3次元と同じように
自己と他者が存在するが、自他一体の認識を持っている。

その霊魂たちが見ている夢が「人間界」なので、
人類が共通する世界を体験していることは不思議ではない。

ここで私が言う「霊魂」とは、
4次元の幽体を脱皮した5次元の霊体のことだが、
それが私が普段から言っている「真我」である。

心理学者のユングが対面したというのは、
その自分の真我(霊体)が瞑想して夢を見ている姿である。

夢が現実をつくる――ユングの夢体験
http://new-mu.seesaa.net/article/374469976.html

波動測定の定義では、
集合的無意識は5次元とされている。
kazutama100827img03.jpg

霊体は幽体や肉体と重なって存在しているものだが、
それも人間型ゲシュタルトによる3次元的な見方なのかも知れない。

いずれにせよ、5次元の霊体の自分(真我)が見ている夢の世界が、
肉体の自分が生きている3次元の宇宙(人間界)である。

夢は目を閉じて見るものなので、
夢の世界は自分の「内側」の映像だが、
夢の中では奥行きのある空間だと認識する。

つまり、真我が見ている夢の世界である「3次元の人間界」も、
半田広宣氏が主張しているように、
実際には「2次元的な映像」なのかも知れない。

3次元の世界が3Dのバーチャル・リアリティだと思えば、
それも決して否定できない貴重な情報だと思う。

バーチャル・リアリティ
http://new-mu.seesaa.net/article/371241967.html
覚醒に到達する為の思考法
http://new-mu.seesaa.net/article/379148539.html

img_559692_8223600_6-08eeb.jpg

それはともかく、夢の世界が自分の「内側」ということは、
真我にとってはこの宇宙は「内側」ということになる。

私は真我に目覚めて「内外反転」、即ち、
肉体の外側を「内側」と認識する意識を持つようになったが、
それが真我の視点であることが理解できると思う。

「魂は肉体に宿っていない」という感覚や、
「人生の出来事を観て、たの死んでいる」
という感覚も想像して頂けることだろう。

E382ACE382A4E382A2E381AEE5A5B3E7A59E.jpg

さて、夢の中でどれだけの距離を進もうとも、
夢の世界から抜け出すことはできない。

その理屈からも、「宇宙の外に出るのは不可能である」
という私の説も理屈では納得できるだろう。

宇宙(夢の世界)の外に出る為には、
肉体の内部に入っていく必要がある。

その為には瞑想の基本となる「体術」を行うとよいが、
私は黄金太陽(正八面体)の解明によって覚醒し始めた。

「黄金太陽の謎」を一言で言うと、
「胸が5次元の入口」ということだが、
それはまさに体術を数学的に理解するものだった。

黄金太陽.jpg

もりけん氏は、心の扉の向こうに太陽があったという。
私は内宇宙に入って太陽を見たことはないが、
太陽としか思えない世界には幾度となく訪れていた。

もりけん氏が言っている太陽と同一のものかは分からないが、
大気が黄金に光り輝く大歓喜に満ちた世界である。

また、その内宇宙の太陽の投影が、
普段天空に見ている物理的な太陽であろうと思われる。

「内外反転」は真我の視点から見た宇宙観だが、
人間が認識する宇宙観も3次元の世界では事実である。

即ち、「内外反転」の認識を持つようになると、
人体と宇宙が表裏一体の関係にあるということが分かってくる。

それを私は「内外一致」と表現しているのだが、要するに、
肉体の内側の太陽と外側の太陽は同一のものだということになる。

0104_01.jpg

また、感覚的なことなので断言できないが、
私は「太陽は魂の投影」という持論を展開してきた。

そして昨年、半田広宣氏も「恒星は魂の顕れ」と言っていたので、
私が思っていたことの裏付けが1つとれた。

そうすると、私が内宇宙にインナートリップして訪れた太陽は、
「私の魂」だったということになる。

換言すれば、私の霊体は自分の魂(太陽)に降臨していた
ということになるが、それは大きな違和感を感じる表現である。

その魂(太陽)が見ている夢の世界が「この世」だとすれば、
完全に否定したくなる話である。

そもそも、魂は内外の宇宙全体であると同時に、
それを包含している存在だと主張してきたのは他ならぬ私である。

hadou7.jpg

ただ、王仁三郎は次のように説いている。

「神の実証は太陽である。太陽に神力を集中されておられるから」

宇宙全体が自分の意識だが、そのエネルギーを一点に集約したものが
「魂」と呼ばれるもので、それが「太陽」だと考えることもできる。

もりけん氏は、
「自分の中にある太陽の中心点は外の世界に通じていた」
と述べている。

外の世界とは「肉体の外」という意味ではなく、
「宇宙の外」という意味である。

オコツトも「本当の外宇宙は心の中の方向にある」と教えているが、
あの天空の太陽の中心点も「宇宙の外」に繋がっているはずだ。

EPSON216.jpg

10年程前から話題になっているが、太陽観測衛星が、
太陽の周辺に頻繁に出現する超巨大UFOを捉えているが、
画像解析専門家ロナルド・S・スチュワートは次のように述べている。

「惑星サイズの巨大なUFOが太陽表面のコロナ中に一時的に開いた
“黒いトンネル”から出現するところを確認できた」


理論物理学者ナシム・ハラメインは次のように述べている。

「全恒星(太陽)が中心にブラックホールの
時空特異点(事象の平行線)を含んでいる」

「高度に進化した地球外または超次元の宇宙文明が、
何らかの目的でわれわれの太陽系にアクセスするため、
太陽内部のブラックホールを“スターゲート”として使い、
惑星サイズの宇宙船で出入りしている可能性がある」


この話は非常に興味が湧くところだが、話を元に戻そう。

Screen-shot-2012-10-15-at-11_06_22-AM.png

もりけん氏の体験によると、
自分の内側の太陽の中心から(宇宙の)外側に出ると、
いま関係している全ての人と繋がっていて、
憎んでいる人や嫌いな人も魂同士は笑い合っているという。

笑い合っているというのは、その世界は自他一体なので、
全ての霊魂が理解し合い、愛を与え合っているということである。

「シリウスへの帰還」で「あなたが本当に相手を理解したいなら、
相手の世界に進入するしかないでしょう」と書かれていたが、
相手の世界ではなく自他が共存する宇宙の外側に出る必要があり、
その方向は心の中(肉体の内側)なのだ。

その体験をすれば、人間界(夢の世界)に於いて、
特定の他者に恋煩いをすることもなくなり、
特定の他者のみを愛する「一途な愛」が、
真の愛ではないことを理解するだろう。

だが、それも真の愛(真我)に目覚める為の1つの
自然な流れなので、恋愛や聖行為を否定しているわけではない。

そのことについては、
前に連載記事を書き始めて途中でストップしているが、
いずれ続編を発表したいと思っている。

101222_0250_01.jpg

さて、本題に入るが、自分の内側の太陽の中心点から
外宇宙に出るということは……もうお分かりだろうか。

この宇宙は真我が見ている夢の世界で、
人間の自分は夢の中の登場人物の主人公である。
そして、外宇宙(夢の世界の外側)とは真我の外側の世界である。

この絵をもう一度イメージしてもらいたい。
101222_0256_01.jpg

この球体の中で眠っているのが1人1人の真我だと仮定すると、
我々は自分の真我が見ている夢の中の主人公で、
それぞれ異なる夢の中(宇宙)に生きていることが分かる。

宇宙の外側とは、この眠っている真我たちが存在する世界である。

少し話がクドくなるが、人間界は真我の夢の世界なので、
1人1人が異なる世界に住んで直接交流をすることはできない。

会って話して触って「直接交流している」と思うのは、
全て錯覚で幻想、文字通り「夢の世界での出来事」なのである。

だが、真我がいる世界は自他が直接交流している為、
「自他一体」を認識することができるのだ。

101222_0250_02.jpg

この辺りはイメージしにくいかも知れないが、
直接交流するということは「天人合一」に近い境地である。

「天人合一」の世界は6次元で、
霊体を脱皮して無形の魂(意識)だけとなり、
自他の境界が完全に消滅した世界である。

もちろん、それは「6次元の真我の世界」だが、
とりあえず5次元の霊体を「真我」と呼んで差し支えない。

その5次元の霊体(真我)が見ている夢が、
今の自分が生きている人間界である。

つまり、外宇宙というのは「5次元」ということになる。

ascension.jpg

だが、そうすると、このような反論を持つ人もいるだろう。

「宇宙は13次元まであるのではないのか。
なぜ、宇宙の外側が5次元になるのだ」

それについては明確に答えられないが、
5次元の世界は「実在領域」と呼ばれている。

そして「宇宙が有機体の妄影」であるなら、
5次元以上の世界の実体は外宇宙に存在することになる。

もちろん、5次元以上の世界もこの宇宙に投影され、
表裏一体の関係になっているはずなので、
「この宇宙は4次元までしかない」などと言うつもりはない。

galaxy.jpg

さて、5次元の霊体が夢から覚めることを「真我覚醒」という。

それによって、
「この世は夢のようなもので、肉体の自分は実体ではなかった」
ということを悟るのである。

もちろん、「他者が存在する」のも幻想だったことが分かる。

そして、真我が完全に夢から覚めると、
夢の世界(自分の宇宙)は消滅し、肉体の削除が起こることになる。

今、この世に生きている「覚醒者」は半覚醒の状態で、
明晰夢を見ているような感じでこの世に生きていることになる。

真我にとって夢の世界は自分の「内側」なので、
真我が半覚醒した者はこの世が自分の「内側」に感じられるのだ。

20091005_2909179.gif

しかし、夢を見ている時は目を瞑っているので、
外側の世界を認識することはできない。

従って、真我が半覚醒しても、
その外側(5次元)の世界を認識することはできない。

その世界を認識する為には、
インナートリップで5次元の世界に行く必要がある。

そこで5次元の存在たちとの交流が可能となり、
自分のトータルセルフ(本体の霊魂)との対面も可能となる。

そこで1つ、大きな疑問が生まれるはずである。

「人類の霊魂が眠っている状態なら、
いま関係している人たちの霊魂が笑い合っているのはおかしい」

それは、眠っている霊魂同士が笑い合っているのではなく、
ハイヤーセルフ同士が笑い合っているのである。

CA336779-thumbnail2.jpg

ハイヤーセルフとは、過去世や未来世で輪廻を解脱し、
5次元に到達した自分の霊魂たちである。

その集合体が「トータルセルフ」だが、
その分魂(分霊)として生み出されたのが現世の自分の霊魂で、
目覚める為には時間が必要なのだ。

そして、目覚めるまでは何度も繰り返し夢を見る、
即ち輪廻転生を繰り返すということである。

少し意味は違うが、半田氏も似たような話をしている↓

「オコツト情報に拠れば、人間における受精から誕生までの
胎児の胎内生活は覚醒期の投影だという」


DSC_3313.jpg

ここでもう1つ、疑問を持つ人がいると思う。

「内在神である真我は全てを見通しているとか、
真我を信じろとか従えとか言うが、
真我が眠っているなら意味がないのではないか」

だからこそ、ハイヤーセルフが存在するのだ。
ハイヤーセルフは魂の親であり、兄弟でもあり、
守護神でもあり、「深奥の真我」とも呼べる存在である。

真我(魂)を心理学で自己(セルフ)と呼ぶが、
ハイヤーセルフは「臨時の自己」という意味で、
現世の自分の霊魂を覚醒覚醒に導く働きをしているのだ。

内観で潜在意識を浄化し、体術を習慣にしていれば、
ハイヤーセルフとの対話が可能となり、
声は聴こえなくてもインスピレーションを受信しやすくなる。

Screen-shot-2013-02-14-at-9_50_43-AM.png


にほんブログ村
posted by ZERO at 22:58| Comment(5) | 精神世界・心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事をツイッターで紹介しました☆^^
(&拡散してもらいました。)

PS4のゲームの世界もこんなにリアルですよ。笑
https://www.youtube.com/watch?v=8z3iG2QlJXk

夢が現か。。現が夢か。。って江戸川乱歩の言葉を思い出しました☆

Posted by アストロ総裁☆ at 2014年01月13日 04:58
ZEROさん、こんにちは。

>>外の世界とは「肉体の外」という意味ではなく、
「宇宙の外」という意味である。

ZEROさんの記事や他の本などを読んで
僕も頭の中ではそのように理解して日々過ごしています。
最近は、カタカムナや岡田多母さんの本に出てくる
意味不明な古代文字やコトハを解読中です。
ただちびちび読んでいるだけですけど(^_^;)

それにしても大霊界のイメージイラスト
分かりやすくていいですね^^
Posted by MOONA at 2014年01月13日 10:38
総裁、CM誠にアストロ39であります〜^^


MOONAさん、こんにちは。

それは素晴らしい研究をされていますね!
天翠氏に起きていた自動書記を多母氏が霊言して完成した
「スメラナル」という希少な神典があります。
6000円ですが書店には売っていません。
もし必要であれば購入方法をご案内させて頂きます^^
Posted by ZERO at 2014年01月15日 00:24
ZEROさん、こんにちは。

貴重な情報有難うございます!
僕が今読んでいる多母氏の本は「ヘソの話」
という本です。
おそらくそのスメラナルが部分的に
書かれているのだと思います。
「スメラナル」神典を購入するときはご連絡します^^
有難うございます。
Posted by MOONA at 2014年01月15日 10:22
MOONAさん、こんにちは。

ヘソの話……ユニークなタイトルですね^^
スメラナルは機会があればまた記事で紹介します。
Posted by ZERO at 2014年01月15日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]