2014年01月20日

ひふみ祝詞の意味と「最後の御用」

2011年07月04日、武蔵の御用で高尾山の帰り、
昭和天皇が眠る多摩御陵に降臨したが、
入場時間が過ぎていて中に入れなかった。

多摩御陵 in 東京
http://messiah666.seesaa.net/article/213330706.html

DSC_0440.jpg

そして、最後の御用として「多摩御陵」再臨の勅命を受けた。

「天皇霊と大国魂の会合は、
何としても成し遂げなければならないことと思ってます。
誰が天皇陵に行かれるかは大国魂が決めることなのだと
思っているので、わたしには閣下のご都合次第です」


で、1月17日の午前11時にヤタガラスと新宿で待ち合わせをした。
その前夜、ヤタガラスから次のようなメールが届いた↓

「閣下 ともかく、明日、ちゃんと来てね
とてもとても重要なイベントなんですから」


私は「任せて下さい」と返信した。

140117_0151~01.jpg

17日の午前2時半頃に帰宅に成功して、
それから記事を書いたりメールチェックをしたり、
調べ事をしたり、朝9時前頃まで作業をしていて、
いつもの如く寝ずに出動する予定だったのだが、
少し疲れたので横になって携帯の返信作業をしていると、
いつの間にか寝てしまって気が付くと14時半過ぎだった。

慌ててヤタガラスにメールしたが、
私が来ないことを予感して1人で行って来て、
ちょうど帰るところだったという。

DSC_0380.JPG

このタイミングの凄さを考えると、
私は夢の中で多摩御陵に行っていたのかも知れない。
(そのような夢を見た記憶はないが……^^;)

DSC_0383.JPG

私はヤタガラスにいつも、
「私は遍在です」と言っているが、
ヤタガラスも
「閣下が来てくれていることを感じていた」
と言っていた。

また、私は遍在しているだけではなく、
私の実体は人類の手や足よりも近くにいるのである。
逆に言えば、人類の実体は私の手や足より近くにいる。

DSC_0384.JPG

で、多摩御陵の報告をしたいとのことで、
16時頃に新宿の秘密の花園神社で待ち合わせした。

140117_1611~02.jpg

ヤタガラスは迷子になって遅刻してきた(笑)

140117_1610~01.jpg

三つ穴灯籠
140117_1617~01.jpg

三日月は出雲族のシンボルである。
140117_1618~01.jpg

この神社は新宿総鎮守で、
ある意味、ラスト御用に相応しい。

140117_1620~01.jpg

稲荷社の祠の裏に本尊が祀られていた。
140117_1617~02.jpg

ラスト御用とは言っても、
今後もたまには御用があると思う。

DSC_0385.JPG

大ふへん傘を持ってくるのを忘れた^^;

DSC_0386.JPG

この日、阪神大震災の19周年だった。
19年周期を「トコタチサイクル」と言って、
国常立尊(ルシファー)の周期らしい。

140117_1620~02.jpg

伊勢神宮の式年遷宮は20年毎だが、『日月神示』には
「19年毎に戻せ」というようなことが示されている。

今月は16日が満月だった。
阪神大震災が起きた1月17日は、
1+17=18=6+6+6で、満月と重なっていた。

140117_1625~01.jpg

満月の日は引力の関係で大地震が発生しやすいが、
トコタチサイクルのことも考えると、
満月の日が1日ズレていたら危険日だったことになる。

また、この日が最後の御用になったことも偶然ではなく、
何か特別な日だと感じ、2014年1月17日を、
ゲマトリアで1桁換算すると聖数の「7」で、
この日はラッキー7で、ルシファーの頭の数でもあった。

140117_1626~01.jpg

そして、打ち上げでファミレスに招待され、
エスカルゴをご馳走になった。

140117_1748~01.jpg

今までに何十回か数えていないが、
ヤタガラスの先導で数多くの神域に降臨して御用をしてきたが、
私が待ち合わせに間に合ったことは1回か2回しかないらしい。
私は3回くらい間に合ったことがあると思うのだが……。

2次会で居酒屋に招待された。
DSC_0387.JPG

「今日はスッキリした顔をしている」と言われたが、
ヤタガラスに会う時はいつも寝ていなかったので、
私はいつも目蓋が窪んだ状態だったことは確かである。

140117_2052~01.jpg

「再臨のキリスト」についての話をしていたのだが、
ヤタガラスも「悠仁親王だと思う」と言っていた。

「2037年キリスト再臨説」というのがあり、
私もそれを支持しているので、
反キリ3の連載記事でも紹介したが、
恐らく2037年に悠仁親王が天皇に即位し、
世界を統治する「世界天皇」になるのだろう。

皮ジャンを貰った。
140120_0141~01.jpg

お礼に、にんげんクラブの抽選で当たった
5000円相当の商品を贈呈した。
DSC_3360.jpg

年末から何故か服をもらう機会が多いのだが……
2010年11月2日に名古屋に行った時に買った
5900円のブーツがボロボロになり、
雨の日に履くと浸水するのでブーツが欲しいと思っていた。

写真写りは綺麗だが実物はもっと汚い。
140120_1558~01.jpg

このブーツを買った時の名古屋でのエピソードも、
常識では考えられない珍事件だった(笑)

名古屋再臨記(2010.11.1-11.11)
http://jinja-bukkaku.seesaa.net/article/169012519.html

140120_1558~02.jpg

以前、御用アイテムとして総裁から安全靴を贈呈されたが、
基本的にお出掛けする時に履く靴はこのブーツしかなく、
新しいブーツが欲しいなと思っていると弟が帰ってきて、
「ブーツ捨てるけど要らん?」と聞いてきたので貰った。

140120_1559~01.jpg

以前、ヤタガラスに贈呈した本『神字日文解』、
前回の御用の時に拝借していたので再び贈呈した。

なぜ拝借したかというと、
保存しておきたい記事があったからなのだが、
以前書いた記事に既に載せていた↓

日文(ヒフミ)祝詞の意味
日本人のルーツ(マオリ族)との関連
石上神宮の「布留の言本日文四七文字」との関連
仏教という外来宗教に押された固有の神道
「福は内、鬼も内」だった古来の再来
世界政府、世界連邦国家構想と日文
世界共通の古代文字が鍵となる
世界統一宗教による世界支配の企図
世界統一政府の構想
ヒフミ神示の予言
世界天皇構想と日本
日本国家を解体させようと意図する国際謀略機関がある!
世界統一国家の祝詞となる日文


新・電磁波兵器による獣の世界支配計画
http://kemono666.seesaa.net/article/249130001.html

DSC_2707,.jpg

幣立神社の日文石板
DSC_4379.jpg

伊勢神宮のアヒルクサ文字
DSC_4377.jpg

2011年4月21日、「熊野の御用」から始まった御用は、
これで一旦完了となったそうである。
今回、私が不在の御用だったので、まさに「ZERO」である(笑)

以下の記事が、ヤタガラスとの御用の始まりだった↓

獣の神武西征伝説(2011.4.21-4.23)
http://messiah666.seesaa.net/article/197756107.html

DSC_0039.jpg

このブログのディスク容量も残り少ないので、
今回の記事でラストを飾ろうと思っていたが、
あと96MB残っているので何回か更新できると思う。
(画像を載せなければ無制限なのだが……。)

もし、2月初旬に出ていくことになり、
引越資金が作れなかった場合、
ネカフェ難民をしながら日払いのバイトをするが、
他に2つ私が考えていることがある。

千葉と京都にある
日本ヴィパッサナー協会の10日間の合宿である。

ヴィパッサナー瞑想は釈迦が説いた内観法だが、
私は既に真我に目覚めているし、
普段から基本的にヴィパッサナー瞑想状態
(日常的トランス状態+客観的実況中継)で生きている。

なので、私には必要ないと言えば必要ないのだが、
ボランティアで運営されているので、
10日間は宿泊と食事が保証されている(笑)

41Y6BF8A7SL__SL500_AA300_.jpg

午前4時に起床して瞑想が始まり、夜は9:30に消灯、
食事は朝昼2回、簡素な菜食で、酒と煙草は禁止、
規則正しい生活で瞑想に集中できるので行く価値はある。

携帯の持ち込みも禁止で外部との接触が遮断され、
10日間の「沈黙行」で人と話すことが禁止されているので、
ストレスをリセットするには最高の環境である。

1年くらい住みつきたいという気持ちもあるが、
それはある意味において、
世俗から離れたいという現実逃避願望になってしまうし、
自由がなくて生活を管理されるのも嫌である(笑)

以前、以下のような記事を書いたが、
私自身が参加したことがないので、
私の感想を読者に伝えて薦めることができない。

また、今回のような機会がなければ、
私が合宿に参加することはないので、
その意味でもチャンスと言えばチャンスである。

汝、ヴィパッサナー瞑想の合宿に参加せよ!
http://messiah666.seesaa.net/article/223691104.html
汝、ヴィパッサナー瞑想の合宿に参加せよA
http://kemono666.seesaa.net/article/300537160.html

topimag.jpg

もう1つは、真相は不明だが、少し前、
四国八十八ヶ所霊場を歩き遍路すると、
宿代や食費は必要ないという噂を聞いた。

四国までの片道の交通費さえGETできれば、
1ヶ月程かけて四国八十八ヶ所巡りをして、
ついでに剣山にも行ってみようと思った。

母方の祖父家系が四国の海賊だったので、
召喚されているのかも知れない(笑)

私の加工画像(将軍作成)
vUbL6CeHmayCywmVkqxfIQ.jpg

終わりは始まりという通り、新たな御用の旅である。

そして、徳島県で少しバイトをして淡路島に渡り、
そこでしばらくテント生活をするのも良いと思う。

このように夢はどんどん連鎖的に広がっていくが、
どうなるかは私には分からないし天流れに全託で、
何よりもまず身辺整理をして荷物をまとめることが先決である^^;

UFO神~1.JPG

希望への旅



にほんブログ村
posted by ZERO at 21:43| Comment(12) | spirituals日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
閣下、こんばんわ(^0^)

17日はまことにありがとうござんす\☆(・_\)
閣下と行けるからと思って出かけて、閣下のことを思いながらひとりで頑張って歩いて、閣下にどう報告しようと思いながら参拝しました(*⌒∇⌒*)

思えば御用の始めは熊野だったのですね。
熊野で始まり、八王子で終わるのは、何か意味があるのでしょうね。

閣下との初対面は4年前の2・26です。
4周年記念したいから、まだ東京にいてねo(^。^")o
Posted by オクト at 2014年01月20日 23:03
ぜろさんがいうと本気か冗談かわかりません(~o~)



Posted by mic at 2014年01月21日 20:17
淡路島にUFO神社というのがあるの初めて知りました!\(◎o◎)/!
本で見たのですが、確かUFOを呼び込むという神社ですか?
Posted by rina at 2014年01月23日 03:14
オクトさん、こんにちは。

こちらこそ誠にありがとうございました^^
熊野はスサノオの別名で、八王子はスサノオの子供たちですね。
しばらくは関東にいると思います^^;


micさん、こんにちは。

冗談と本気は同じです(笑)


rinaさん、こんにちは。

私もUFO神社はよく知らないですが、
行ってみたいですね〜^^


この記事に「幣立神社の日文石板」と
「伊勢神宮のアヒルクサ文字」の写真をアップしました。
Posted by ZERO at 2014年01月30日 03:23
閣下、こんにちは(*^o^*)

では、4周年記念を厳かに打ち上げましょう(^。^")

4月11日は御用3周年記念を、6月2日(3日だったかな?)には、神仙組との遭遇5周年記念をしましょうね!!(^○^)/

今年は3・4・5の封印の年でございます( ̄△ ̄)
Posted by オクト at 2014年01月30日 13:27
オクトさん、こんにちは。

御用が終わったら記念日サミットのラッシュですね(笑)
3・4・5の封印……解除の年でしょう?
Posted by ZERO at 2014年01月30日 14:16
閣下、こんにちは(*⌒∇⌒*)

解除ですね。
う〜ん(゚ペ)
でも、何かを封印したい気持ち( ̄ω ̄;)

閣下を封印したいなあ。。。
いつでも会えるようにm(。≧Д≦。)m
Posted by オクト at 2014年01月30日 14:22
もうじき節分ですからね……
また鬼門に封印されるんですか〜^^;
Posted by ZERO at 2014年01月30日 15:02
瑞の閣下もステキですが、厳の閣下も痺れます(〃'∇'〃)
Posted by オクト at 2014年01月30日 15:15
オクトさん、こんにちは。

厳の時にオクトさんにもかなりキツイことを言ってしまいましたね^^;
あれは当時のオクトさんのように、僕も一種の神憑りだったので、
出口ナオと王仁三郎の喧嘩(神芝居)を思い出させます。
Posted by ZERO at 2014年01月31日 03:30
閣下、こんばんは(^0^)

思えばあの心理状態だったから、虎穴に入ることができたんでしょうね。
閣下がお相手してくださったこと、神の与えた奇跡と思ってます(o^O^o)
Posted by オクト at 2014年01月31日 19:43
オクトさん、こんにちは。

そうですね!
もっと言えば、人生の全てが神の奇跡ですね^^
Posted by ZERO at 2014年02月07日 09:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]