2014年01月20日

見通しの神に全託する生き方

私が言う「見通しの神」とは……
深奥の真我(魂の親)であるハイヤーセルフのことだが、
年末に作りかけていた記事を載せておこう。

2013年11月9日の「阪神の御用」2日目に、
7年ぶりに幽鬼と魔王に再会しようと思った。

で、メールを送るとこのように返ってきた↓
DSC_4220.jpg

「ガス兄」と書かれていたので指摘すると、
このように返ってきた↓
DSC_4222.jpg

魔王からはこのように返ってきた↓
DSC_4221.jpg

私が23歳の時に当時21歳だった幽鬼と知り合い、
その後、幽鬼の親友の魔王が私に好意を持ち、
幽鬼は身を引いて私の妹を名乗るようになったが、
何だかんだ13年の付き合いになる。

で、結局、彼女たちと再会できなかったのだが、
その1ヶ月程前に幽鬼から久々にメールが届いていた↓
DSC_42050001.jpg

このように返信した↓
DSC_4228.jpg

すると、このように返ってきた↓
DSC_4206.jpg
DSC_4207.jpg
DSC_4209.jpg

関西に戻ると言い続けて5年目になるが、
恋人が出来る方法をアドバイスした↓
DSC_4229.jpg
DSC_4230.jpg
DSC_4231.jpg
DSC_4232.jpg

すると、このように返ってきた↓
DSC_4211.jpg
DSC_4212.jpg
DSC_4214.jpg

そして、このように返信した↓
DSC_4233.jpg
DSC_4234.jpg
DSC_4235.jpg
DSC_4236.jpg

要するに、「流れに任せろ」と言いたかったのである。

「思い浮かぶのは魔王しかいない」と書いたが、
これは少し誤解を招く書き方だった。

何年か前、聖母に「誰か結婚する人いないの?」と聞かれ、
今までは「結婚は一生しない」と言い続けてきたが、
その時は「その気になればいつでもできる」と答えた。

すると「誰?」と聞かれたが、
無意識に答えたので「誰?」と聞かれても困る(笑)

そこで、瞬時に人生を振り返ると「魔王」と「癒鬼」が思い付いた。
そういえば、かつて自叙伝『我が闘争』にも書いたことがある。

本当は誰もが1人で生きているのだが……
143.jpg

魔王と癒鬼は私をよく理解している2人で、
メールも正月と誕生日くらいしかしないが、
長年、純粋に私のことを思い続けてきた。

で、幽鬼の誘導尋問により、反射的に魔王が思い浮かび、
「思い浮かぶのは魔王しかいない」と書いたのだった。

また、私は幽鬼でもいいと思っているし、
幽鬼も恐らくそう思っているが、
私は魔王や幽鬼や癒鬼と結婚したいと思っているわけではなく、
かと言って、結婚しないとも思っていない。

今は結婚自体を全く考えていないだけで、
ある日、突然知り合ったばかりの女性と
結婚することも有り得るかも知れない。

要するに、思考や感情を排除して
「流れに任せている」ということである。

micchan_1.jpg

だが、今の状態で結婚しても、
私が養ってもらわないといけないし、
私が働きに出て家計を支えるとなれば、
現在の業務のほとんどが出来なくなる上に、
今後の会社再生と事業展開も不可能に近くなる。

また、私は原則として沈黙行に徹しているので、
ほとんど口を聞かないので放置プレイとなり、
一緒に住んでいる意味がないと言われるのがオチで、
外出すればいつ帰ってくるか分からず連絡も取れない。

私はいつも「聖母に色々指導している」と書いているが、
普段は雑談で話しかけられても殆ど無視である。
以前は「無駄口を叩くな」と叱っていたが直らないので、
今は私が心の中で謝罪しながら放置している。

TVやその他の禁止事項も多く、部屋は冬でも窓を開けて
扇風機(新林の滝)をつけて寝る(笑)

子供を生むとなれば、受精の最低3年前から
私も含めて厳格な食事改革(断食含む)をする必要があり、
それ以外にも課題が沢山あるので、
すぐに離婚を求められることが目に見えている(笑)

そもそも私は「婚姻制度」という悪法に反対であり、
住民票もないので婚姻届が出せない(笑)

以前、治験モニターにも登録したが、保険証がないとダメらしい。

CA338529.jpg

私はいずれハワイに移住する予定で、
冬はハワイに住みたいということを書いてきた。
27歳の時、ハワイに会社を創ったのもその為である。

で、今年の正月に癒鬼から届いた年賀メールで、
ハワイに住みたいとのことで、
ハワイで日本語が通じる仕事を探しているそうである。

癒鬼なら私のライフスタイルに順応できそうだが、
今のところ私は特に結婚しようという意志はない。

もう1つ、私には「ルシファー帝国」の建国という野望がある。
島を買って建国宣言をし、世界征服の実現を果たすのだが、
もちろん、ルシファー帝国が世界を支配するという話ではない。

title.jpg

とりあえず話題性を作ることが目的で、
世界を支配している「闇の権力者」たちと文明転換について対談し、
「ミロクの世」の実現を促進させたいのだ。

つまり、反キリシリーズで明記しているが、
世界平和の実現を私の言葉で「世界征服」というのである。

だが、私のビジネスパートナーのゴッドが、
世界各国の権力支配階級とネットワークを構築し、
彼らが文明転換事業を視野に入れているという情報を得ている。

いずれにしても、私の世界征服は着実に進行していることは確かだ。

kemono-ohkoku.bmp

ルシファー帝国の王妃候補だったピーチ姫は、
私が31歳の時、多忙で半年間も放置してしまった挙げ句、
「しばらく東京に移住する」とメールすると返信がなく、
そのまま疎遠になっていった。

普通の女子は、半年間も連絡がとれない男はダメなのだろう……。
それから10ヶ月後、ピーチ姫に誕生日のお祝いメールを送ると、
メールアドレスが変わっていて送れなかった。

その後、どうしているのかなと思っていると、
外応によって結婚したことを知り、心の中でピーチ姫を祝福した。

あくまでも外応なので、本当に結婚したかどうかは不明だったが、
私の外応の判断は間違っていなかったことが分かった。

我が闘争……我が逃走……和が桃添う
http://kemono666.seesaa.net/article/255646242.html

3shot_360.jpg

12月13日は、17歳の時から付き合って、
19歳〜26歳まで同棲していた魔鬼からメールが届いた。
私は携帯アドレスが変わっていたのでPCに送られてきた。
ということは、ブログを読んでくれているようである。

去年の正月に魔鬼に年賀メールを送ると、
「連絡しないで下さい」という返事が男性から届いた。

そのことを当時の日記に書くと、
E氏から批判メールが届いたので、
そのことも記事にしたことがあった↓

獣の評価
http://kemono666.seesaa.net/article/254081091.html

で、その時のエピソードを魔鬼に伝えると、
iPhone解約前に男友達に携帯を譲ったらしく、
私はそんなことを知らずにメールを送ったので、
小さなトラブルが発生しかけたのだった。

今は育児に追われているそうで、
それ以来メールは来ていないが、
以前、魔鬼から送られてきたメール↓

天才ヒーローの獣
http://kemono666.seesaa.net/article/253925184.html

mrho_mujaki.jpg

仮面ライダー夢蛇鬼というのがいるが、
「夢蛇鬼」の元祖は私である。

今回の記事は年末に途中まで作って、
そのままになっていた記事だが、
何を書きたかったのかよく分からないので、
テーマのよく分からない記事となった。

タイトルに困ったが、とりあえず、
「見通しの神に全託する生き方」にした。

自分で読み直すと続きを書きたいことが沢山あるが、
恐ろしく長い記事になるので、今回はこれにて……。


にほんブログ村
posted by ZERO at 21:25| Comment(0) | spirituals日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]