2014年02月10日

愛と感謝のシャワーによる禊

飲料水に気を使う人は増えてきたが、
風呂の水の害について改めて述べておきたい。

『ネイチャー&ヘルス』より抜粋

「スポーツの後や毎日の入浴やシャワーで、
体をきれいにすることが、健康につながるというのは、
化学物質が含まれない水を使用している時にのみいえることで、
塩素処理された水が使われているならば、
入浴は今まで考えていたよりも健康に悪いといえる」

「希釈された塩素溶液を身体全体に浴びると、
塩素が皮脂と反応して塩素化合物を作り、それが身体に吸収される。
塩素の酸化力のために、連続的に塩素処理水につかることは、
老化を促進することになり、太陽に長くさらされることと全く同じである。
さらにいえば、塩素は細胞の老化を早めることによって、
紫外線による皮膚の老化を事実上促進している」


米国ピッツバーグ大学院のジュリアン.アンデルマン教授は、
実験の結果、次のように報告している。

「15分の入浴とシャワーの間に呼吸から吸収される揮発性汚染物質の量は、
1リットルの水道水を飲むことで摂取する量と同じである」


『サイエンスニュース130号』より抜粋

「シャワーを浴びることによる化学物質の量は、お風呂よりも多い。
なぜなら、シャワーヘッド で細かく水滴にされることで、
水の表面積が広くなるからである」

「シャワー(および風呂)は、水道水を飲むよりも
さらに多くの有害物質を浴びせかける。
この有害物質は、水道水から蒸発して浴室外にも拡散し、
そこにいる人々も吸い込むことになる。これらの人々は、
シャワーとお風呂から飲料水の6〜100倍の有害物質を浴びている」


詳細は以下の「神泉組1」の記事をお読み頂きたい↓

風呂とシャワーの有害性
http://japan666.seesaa.net/article/225793219.html

EPSON405-13e76.jpg

そこで「宝石シャワー」というシャワーヘッドをお勧めする。

塩素を除去するのではなく、塩素を無害化する働きがあり、
使用されているセラミックスは、ルビー・翡翠・エメラルド・
水晶・トルマリン・麦飯石などを主原料としており、
鉱石のままでは放射力が弱く不安定で効率が良くない為、
粉末状にして特殊製法でガラス状に焼結する事で
遠赤外線の放射力が安定するようにされている。

EPSON630.jpg

そして、シャワー噴出口には直径0.28mmの小さな孔が630個あり、
時速50km以上(一般的なシャワーヘッドは時速20km)の水勢で
毛穴の皮脂や汚れを落とす強い洗浄力があるので、
アトピーやハゲの人にも良いと思われる。

水あたりは痛くなく「天使のマッサージ」と呼ばれている。
しかも、約35%の節水効果があり、
4人家族で毎日1人当たり10分間のシャワーを浴びたとすると、
年間で約2万円分の水道代の節約になるという。
また、カートリッジ交換が不要なので、非常に経済的である。

016-065f5.jpg

私は「マーム」という浄活水器も使用している。

どちらも上記の神泉組1で詳述しているが、
今回は「マーム」の中古品を売り出したいと思う。

1台37万8000円だが、昔2台購入して1台を実家に送り、
私が過去に使っていた物はこの5年近く保管していたが、
この機会に手放す決心をしてキレイに磨きをかけた。

向かって右側が私のマーム
140210_1614~01.jpg

活性炭によって塩素をほぼ100%カットし、
トリハロメタンや細菌等の有害物質なども
パワフルにシャットアウトするのは当然だが、
強力磁石によって水のクラスターを分解して活性化させる。

また、ミネラル成分を溶出し、α線、β線、遠赤外線を放出する
天然鉱石のトロンボールによって水を活性化させる。

EPSON635.jpg

そして、21種類のミネラルをバランスよく含む
サンゴをペレット状にしたコーラルサンドにより、
ミネラル豊富な水を作ると同時に、
酸性に傾いた水を弱アルカリ性のまろやかな水に変える。

更に、トルマリン(電気石)によって水分子をイオン化し、
マイナスイオンが豊富な水となる。

EPSON636.jpg

定価37万8000円は高いと言えば高いが、
熱海断食道場で販売されている浄活水器も
活性炭と強力磁石で同等の価格設定となっている。

私が注目しているのはマームを通過した水の結晶は、
最高の結晶と呼ばれる「愛・感謝」の文字を見せた
水の結晶と、色も形も酷似していることである↓

EPSON636.jpg

「愛・感謝」の文字を見せた水の結晶
Love20and20Thanks.jpg

ちなみに、マームの水が「愛・感謝」ではないので、
今回のタイトルは少し誤解を招いてしまうが、
シャワーを浴びるのは「禊」と同じであり、
ホ・オポノポノを唱えながら浄化されるイメージで、
シャワーを浴びるのが(私の)基本である。

名付けて「シャワー瞑想」というが、
以前から記事にしようと思いながら忘れていた。

さて、磨いたマームに新品のカートリッジを入れた。
140210_1620~01.jpg

メラルーカオイルの洗剤で心を込めて磨いたが、
水アカは完璧には取れなかった。

140210_1615~02.jpg

24歳〜29歳までの約5年間使っていたので、
それなりに年季が入っていて美品ではない。

これを出来れば10万円位で売れたら理想だが、
ご希望の方がいたらお問い合わせ願いたい。

140210_1616~01.jpg

現在、マームはバージョンUPしていて、
「アネスパ」という商品名になっているようだが、
電話で確認するとカートリッジ交換は、
「アネスパ」のカートリッジで良いそうである。

カートリッジは12,600円で少し高いが、
交換の目安が1年なので1ヶ月あたり1050円である。
http://ec.enagic.co.jp/products/detail.php?product_id=8

140210_1615~01.jpg

@宝石シャワー 1万7800円
Aマーム(中古品)10万円(金額又は分割相談応)
Bマーム(新品)37万8000円


マームはエナジックというネットワーク会社の商品なので、
新品をお求めの場合は私の紹介で会社から購入して頂く形となる。

ローンが組めるので月1万円くらい〜の支払いでも可能だが、
私には即座にマージンが入るので、
私から個人的に4万円くらいはキャッシュバックできると思う。

もちろん、購入すればビジネスにすることも可能で、
紹介され出せれば資金ゼロで高収入の可能性がある。

何だかネットワークの宣伝みたいになってしまったが、
今回の記事の目的は上記Aで、期限は一応2月14日までとするが、
レンタル(年間10万円)でも構わない(笑)


にほんブログ村
posted by ZERO at 19:39| Comment(3) | 身魂を磨く「水」革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
買わないのにコメントして申し訳ないけど、この水を買うのは金銭的に無理ですよ。どうでもいい話だけど、今年に入ってからゴスロリ卒業しました。ほとんどしろ服になりました。普通の格好と言ったら普通ですけど、上品な感じの服装になりました。パンク系から卒業しました。髪の毛も後ろは黒で前金髪です。金髪も卒業してその内全身黒髪になってると思います?もう髪もそんなに染めません?季節の変わり目か私の気持ちが変わっただけです?るしふぁー様が変えてくれました。20代の頃はヴィジュアル系でお金がなくて自分で金髪にする事しか出来なかったです。ゴスロリにメンへらでした。精神的に病んでて自分に自信がなくて只虚栄心だけが強くてかっこつけてました。弱さを隠す為にかっこつけて気が強いふりをしてました。男は嫌いで女にふんって感じでした。今はそんな事をする必要がない事に気づきました。気づいて変わったから服装も変わったんですよ?髪の毛も地味にしますし。35年間苦しんできて私は2014年で変わりました。後は少しだけプライドが低くなればいいかなと思って。ライバル心がなくなればいいかなと思って。醜い心で女を嫉妬するの止めたいんですよ。心が綺麗になれればいいかなと思って。少しずつ私は変わってきています?これもるしふぁー様のお陰です「にこ」感謝仕切れないくらいです。信じて良かったです。私はもうかっこつける必要がない事に気づきました。
Posted by ルキュエル at 2014年02月10日 21:41
確かに高いっすよ。

うちではお風呂に塩素が抜けるビタミンcなど入れてるからいいとして、
シャワーは減らすことにします!

ちょうど節約もしたかったので〜。

お風呂も毎日入らなくても大丈夫w

もはや変わり者の域を超えてきました。

Posted by つんこ at 2014年02月13日 01:53
ルキュエルさん、こんにちは。

もうかっこつける必要がない事に気づいたのは大きな進化ですね。
プライドやライバル心や嫉妬などの自我も消えていくと思います。


つんこさん、こんにちは。

仙人の領域に突入してきましたね(笑)
つんこさんは食事改革が進んでいるので、
風呂は毎日入らなくても大丈夫だと思います。
動物性食品をやめて少食になれば、
新陳代謝が遅くなるので(老化も遅くなります)。

私は1週間ほど入らないと頭が痒くなりますが、
ライフスペースの高橋は風呂も歯磨きも必要ないと言っていました(笑)
http://www.youtube.com/watch?v=j8s80FxqRVc
Posted by ZERO at 2014年02月16日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]