2014年02月11日

超強力神経波磁力線と磁化水でアセンション!

政木和三氏の著書『人類を救うヒット商品開発法』
の中に、次のように書かれている↓

CANK.jpg

超強力神経波磁力線発生装置も、
自分のケガを治したいというのが動機だった。
私は足首を捻挫して痛くてたまらなかった。
超強力なインパルス磁力線を当てたらどうだろうと、
10分間ほど足首にコイルを巻いて実験したところ、
痛みがなくなってしまったのだ。

そして、私自身が驚いていることであるが、
「病気が治った」といったケースが数々、
報告されてきたのだ。たとえば、

・脳腫瘍が血管を包み、手術不能の男性が、
 腫瘍が1センチに縮小して、手術によって除去できた。
・子宮筋腫が1週間で1/2になり、2週間で小さくなった。
・腹部リンパ腫ガンの患者が2週間使用して、
 開腹手術をしたところガンが消滅していた。

などである。その他。

・不整脈が治った。
・リウマチが治り歩けるようになった。
・ゴルフによる腰痛が治った。
・便秘が治った。
・肩こりが完全にしなくなった。

といったような報告が私のところに寄せられている。
私の発明、開発したもので、多くの人が健康になれ、
幸せになれば、この上ない喜びであると思っている。


転載終了

20111123_2181060.png

普通の人は何気なく読み過ごすと思うが、
政木氏が書いた本を私が転載したこの記事も、
読者にとっては読者の潜在意識の投影である。

なかなか理解しない人が多いが、
この世は「自らの魂が見ている夢の世界」であり、
自分が目にするもの、耳にするものは全て、
自分自身が映し出していることなのである。

即ち、「足首を捻挫して痛くてたまらなかった」
あるいは「脳腫瘍」や「リウマチ」という文字も、
自分の潜在意識からのメッセージであり、
決して他人事だと思ってはならず、
その都度、ホ・オポノポノを唱える必要がある。

いちいち面倒だと思うかも知れないが、
私は完全に無意識の習慣となっている。
内海康満氏は、一日中、
常に「種観霊」することを説いているが、
それに比べると楽なことだと思うのだが……。

f5.JPG
5y.JPG

超強力神経波磁力線のチラシにはこのように書かれている↓

発明者が神経波磁力線を使用して3年目に人間ドッグで
「あなたの心臓は毎年良くなっています」と
心電図を示しながら院長が申されました(80歳)。
現在、100mの全力疾走で脈拍があまりにも変化せず、
胸に少しの苦しみも起きません。
ゴルフもシングルが保たれて、毎朝25,000歩も歩き、
翌朝は何の苦痛もありません。
これは神経波磁力線によって我が身が若返ったことを
知らされたものでもあります。

神経波磁力線は宇宙からのメッセージで造ったもので、
動物の肉体をコントロールしている二相性活動電位波形
(神経波)の超強力磁力線を患部にあてて細胞内の水を
マイナスにして栄養を集中し細胞が若返ります。

【使用例】発明者本人がびっくりする効果続出です

・脳腫瘍が血管を包み手術不能でしたが、
 1回1時間の使用で5回使ったところ、
 腫瘍が1センチに縮小し手術で除去でき、
 現在は後遺症も全くなく、社長職を全うしております。
・脳性マヒの赤ちゃんが1ヶ月で歩けるようになりました
 と、お母様は途中で泣き声となりました。
・末期ガン(胃ガン寿命1ヶ月の人)が治りました。
・リウマチが治って歩けるようになりました(1週間)
・前立腺ガンが2週間で治りましたと報告あり。
・15年間入退院の女性ゼンソク患者がすっかり治りました。
・尿が出なかった90歳の男性が1回の使用で尿が出ました。
・長年の不整脈で苦しんでいた人が、2ヶ月使い、
 全く不整脈がなくなっていました。
・子宮筋腫が1週間で半分に、6週間で1/10になりました。
・15年間の便秘が2週間の使用で正常になりました。
・足の爪に菌が入り、爪が剥がれるところ、
 15分間の使用で爪が剥がれることなく元に戻りました。
・前立腺肥大が元に戻りました。
・岡山の病院からの報告
 右腕骨折のギブスの上から神経波磁力線を掛けたら、
 1ヶ月で動きました。普通の場合は1ヶ月で骨折が治り、
 あと2ヶ月のリハビリで腕が動きますが、
 神経磁力線で1/3の日数で元に戻りました。
・チクノウ症が治ったとの報告。
・結婚して16年間、人工受精を数十回もしましたが子供が出来ず、
 磁力線を夫婦でお腹に1ヶ月使ったら妊娠しました。
・右手首の複雑骨折が15分間2回で骨が集まりました。
・耳がポンとして聞こえるようになった。
・日本酒に磁力線をかけたところ甘くなり満腹感で禁酒になった。

・良い薬を飲み栄養をとり尿療法によって効果は倍増します。
・患部使用前に、頭に3分間かけると「気」の流れが良くなります。
・腕時計に近づけると時計が狂います。ご注意ください。
・ペースメーカーの入っている人は心臓部に当てないでください。


転載終了

政木氏の手書きの資料
ty.JPG

y6.JPG

私は高校生の頃から「アルファシータ」と
「超強力神経波磁力線発生装置」を使用してきた。
体は健康だったが健康増進の為に使っていたのだ。

CAQIHDFP.jpg

頭に乗せると気の流れが良くなると書いてあったが、
脳波が下がってシータ波になってくるそうである。

2013年4月3日
130403_2119~02.jpg

去年、これを神仙組ショップに載せようと思っていた矢先、
御父の膀胱ガンが発覚して貸与することになったのだが、
18年間も使っていたので寿命が尽きて壊れてしまった(笑)

さて、この超強力神経波磁力線発生装置は、
「バイオイーザー」という名前で復活し、
本物研究所でも取り扱うようになった。

12月14日のにんげんクラブでも、
佐野社長が最初に「バイオイーザー」を紹介し、
次のような述べていた↓

「簡単に説明すると、様々な病気に対して効力を発揮し、
脳波を下げて副交感神経が優位になる医療器具です」


宇宙からの黙示
http://new-mu.seesaa.net/article/383059834.html

EPSON352 (2).JPG

カイワレ大根の種にバイオイーザーの磁力線を放射すると、
30分で発芽を始めるそうである。

EPSON353 (2).JPG

バイオイーザーのもう1つの特徴は
「磁化水」が作れることである。

私はゲルマニウム鉱石と麦飯石と複数のパワーストーンで、
水を浄化して有機ミネラル豊富なエネルギー水を作り、
活性水素を発生させるマグスティックの入った
ブルーボトルに移して太陽光に当てた後(またはその前)、
ピラミッドジェネレーターを置いたライフコントローラーの
エネルギーを注入した後、超強力神経波磁力線で磁化水にして、
それをフォーグや孫儲琳のプレートに置き、更に、
不思議なマドラーで活性水素や乳酸菌を発生させて飲んでいた。

今は磁力線を当てていないだけで、
同じ行程で作った水を2リットルくらい飲んでいるが、
これだけやれば水を飲むだけでも身魂磨きになる。

また、風呂用浄活水器のマームの水も
強力マグネットで磁化しているので、入浴中に飲んでいる。

グローバルクリーンの浅井氏のOリングテストによると、
東京都の水道水を50年間飲み続けた場合と、
磁化水を50年間飲み続けた場合を比較すると、
磁化水の方が2ヶ月長命になるという。

これは、水道水を磁化しただけの、
未浄水の磁化水なので2ヶ月しか長命にならないが、
浄水した磁化水に高エネルギーを与えて飲めば、
健康長寿に多大な影響を与えることになる。

use_ph4.jpg

渡邊延朗氏は著書
『フォトンベルトの謎』の中で次のように述べている。

『人間は磁場から離れるにつれ、怒りっぽくなるそうである。
その状態が進むと、他人に対して必要以上に攻撃的な態度をとるようになり、
恐ろしいことに最終的には発狂してしまうという。
そして専門家に言わせると、現代人は「磁気欠乏症」だという。
たとえば、ある人が鉄筋や鉄骨のマンションに居住し、
仕事をする場所も鉄で囲われているとすれば、
その人の体に受ける環境磁場は非常に減少していることになる。
なぜなら鉄は、他のどの物質よりも磁力を吸収しやすいからだ。
つまり鉄骨や鉄筋でできたコンクリートの建物の中では、
空間にある環境磁場は極端に減少していることになる。
これは鉄を大量に使っている車も同じである。
自動車の内部の地磁気は、0.25〜0.28ガウスで、
戸外の半分近くに減少していることが分かった。
このように、私たちの身体は完全に「磁気不足」の状態にある。
水にも磁気がない。大地からも磁気を得られない。
そして悪いことに、地上は「有害電磁波」に囲まれ、
空からも有害電磁波が降り注いでいる。
そのために、たくさんの人々が自律神経失調症や肩こり、
不眠症などで、半健康・不快適な生活を強いられているというわけだ。
夜寝付かれず睡眠不足になる原因も、磁気欠乏症である場合が多い。
脳に疲労が溜まり、ある程度充血状態になると、なかなか眠れなくなる。
「睡眠とは一種の脳の貧血状態」といわれる。
磁力を自律神経に作用させれば、血管を拡張して、
血流は正常に行動し、心地よい眠りをもたらす。
今では磁気治療を専門とする病院もいくつかできている。
磁気を作用させると、血液の動く運動エネルギーの一部が
電気エネルギーに変化し、血液中に新しい電気が発生し、
その電気によって、今までイオンになっていないものがイオンとなる。
そうすると血液中のイオンが増加することになる。
それが自律神経に作用し、流れの悪くなった血液の
循環をよくする命令を自律神経に出させるという。
血液の循環がよくなれば、体の隅々に酸素を送り込み、
老廃物を早く取り除くことで、肩こり・腰痛・便秘などに効果がある。
かつて、アメリカのある軍事研究所で磁気遮蔽実験が行われたことがある。
実験の結果は、基礎物質代謝の低下、白血球の減少、
日周期バイオリズムの低下、胃の障害、生体機能の乱れが見られたそうだ。
磁場の影響は幼弱な細胞ほど影響を受けやすいことがわかっているので、
とくに妊婦や子供たちへの影響について、
我々はもっと深刻に受け止める必要があるだろう』


ナポレオン・ヒルは次のように述べている↓

「理由なき落ち込みや虚しさに直面しても、思い煩うことはない。
なぜなら、それは単にあなたの脳細胞に、
特定の化学物質が過剰か、または品不足になった為にすぎないからだ」


それが磁気欠乏症の可能性も十分考えられるが、
詳細は以下の記事を参照して頂きたい↓

磁気欠乏症とミニロゴストロン
http://kemono666.seesaa.net/article/244868089.html

■ミニ~1.GIF

神経波磁力線は電磁波ではないとのことだが、
電源にコンセントを挿して使用する以上は、
電磁波も必ず発生するものなので、
ミニロゴストロンを併用すると良いだろう。

それによって更なる効果も期待できるし、
意識進化〜アセンションが加速することだろう。

バイオイーザーは16万8000円と高額だが、
価値を考えると安い物だと思う。
とは言え、普通は簡単に買える物でもない。

ということで、バイオイーザー購入者には、
ミニロゴストロン4つを特典としてお付けしたい。
またはミニロゴストロン1個+アメノシズク1個、
またはミニロゴストロン1個+フォーグ1個、
特典不要なら別の方法もあるので相して頂きたい。

また、とりあえず2月14日まで限定となるが、
特典に「マーム」をお付けすることも可能なので、
ご希望の方はお問い合わせ頂きたい↓
mujaking0@yahoo.co.jp


にほんブログ村
posted by ZERO at 23:06| Comment(3) | 身魂を磨く「水」革命 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>普通の人は何気なく読み過ごすと思うが、
政木氏が書いた本を私が転載したこの記事も、
読者にとっては読者の潜在意識の投影である。

即ち、「足首を捻挫して痛くてたまらなかった」
あるいは「脳腫瘍」や「リウマチ」という文字も、
自分の潜在意識からのメッセージであり、
決して他人事だと思ってはならず、
その都度、ホ・オポノポノを唱える必要がある。


→より意識が高まりました、有難う御座います!
ホオポノポノの対象は「森羅万象」でしたね!

ここ数日なんだかホオポノポノを唱えたりヒューレン博士の本を読んだりすればする程、

両親に頭の中で
「お前は現実逃避をしてるだけだ、何が神だ、何がホオポノポノだ、そんなもの存在するか!」
と言われてる気がして憎悪が増幅されてパニクってますが、

「他者は自分である」という事を改めてしっかりと意識すると怒りやパニックが20%〜70%くらい治まります。

Posted by クワトロ・アープ at 2014年02月12日 03:52
バイオイーザーはいいですよ。確実に血行が良くなります。愛用してます。
Posted by at 2014年02月18日 12:07
開腹したら癌がなくなってたってwww

手術前にレントゲンとるわwwwww

医療に詳しくない奴が書いたのかwww

Posted by あ at 2015年02月01日 15:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]