2014年02月15日

「マーム」値下げについて

船井総研では経済以外の様々な分野の予測がされているが、
以前、小山社長が2013年の冬(今も含まれるかの?)は、
大雪になるというようなことを言っていたそうな気がする。

昨夜は私の予想に反して大雪が降り、
最寄り駅から家まで50分近くかかった。

弟に貰って履いているブーツは革ではないので、
浸水して冷たかった。

140215_0056~01.jpg

家を追放される前夜に吹雪の向かい風の中を歩き、
自我が少し惨めさを感じたので、
謝罪と感謝の言葉を繰り返した。

昼過ぎからずっとブーツの中がドボドボで、
足が冷え切って凍っていたが、
「冷たい」と思うのも自我である。

140215_0056~02.jpg

自律神経は意識でコントロールすることも可能なので、
「温かい」という暗示をかけていると、
実際に足も体も寒さや冷たさを感じなくなった。

しかし、深い新雪に足がズボズボとハマり、
たまに人が通って溶けている所では滑りそうになるので、
進むのに時間が掛かってしまった。

140215_0057~01.jpg

この世に奥行きがあるのが錯覚なら、
進むということも錯覚なのだが(笑)

先日のトリックアートに続き、
13日にそのことを痛切に体感する体験をしたのだが、
その他、確実に転機の兆しが見えてきたので、
詳細は改めての日記で書くことにしたい。

140215_0058~01.jpg

で、15日に執行官が来る予定で、
15日までにやらなければいけない荷物整理や調べ事や作業など、
殆ど出来ていないままで13日に外出せざるを得なかった。

遅くても14日の午前中には帰って来る予定だったのだが、
夜遅くの帰宅になってしまい、
執行官が来るまでに荷物をまとめることができるのかどうか……。

140215_0112~01.jpg

さすがの私もちょっと焦って不安感に襲われたが、
津波で荷物も私も全部流されることを思えば、
「難事は良い事」「万事好都合」
「なるようにしかならないからなるようになる」
「どうなっても最善」という信念が込み上げてきた。

もちろん、津波で流されても最善なのだが、
常に最善でベストで、見通しの神の計画通り、
「うまくいっている」ことを再認識する機会となった。

140215_0114~04.jpg

そして、疲れ果てて帰宅して、83件溜まっていた
携帯の未読メールを読んでいる途中で寝てしまった。

朝、寒くて目を覚ましたのだが、
執行官のことを思い出して飛び起き、
荷造りの準備をしていると奇跡が起きた。

140215_0114~03.jpg

大雪の影響か何か理由は知らないが、
執行官が来るのが18日に延期になったのである。

そして、即日強制執行かどうかは不明だが、
弁護士は「そのつもりで準備するように」と言っているので、
今度こそ18日までに荷物をまとめて、
知人宅に発送する準備をしておかなければならない。

140215_0115~01.jpg

それに伴って、先日紹介した風呂用浄活水器
「マーム」の販売を17日まで延期したい。
中古価格10万円に設定していたが5万円に値下げする。
(分割払いOK)

愛と感謝のシャワーによる禊
http://new-mu.seesaa.net/article/387956034.html

引き続き、「フォーグ」のキャンペーンを兼ねた
意識進化に関する記事を作成中なので暫くお待ち頂きたい。


にほんブログ村
posted by ZERO at 16:48| Comment(0) | spirituals日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]